ドライバーの平均飛距離100ヤード!

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「ドライバーの平均飛距離100ヤード!」です。飛ばし屋といわれている人の平均飛距離ってどれくらいなんでしょう。300ヤード以上飛ばす人とラウンドすることがありますが、ビックリするくらいの飛距離です。

しかし、実際に300ヤード飛ばす人はほとんどいないと思います。飛距離を聞かれて・・・

300ヤードくらい飛ぶよ」なんて答える人が結構いますよね。

それなのに、ご一緒させていただくと”けん”のほうが10~20ヤード先にいるのはどうしてでしょう。世の中には自称300ヤードヒッターがたくさん存在します。

“けん”が310~320ヤード飛ぶのであれば、なにも問題ありませんし、そうなりたい位です。しかし、”けん”の飛距離はせいぜい平均すると230~240ヤードくらい、最大で280ヤードくらい飛ばしたことがあるくらいです。

それでも「あそこまで飛んだんだぞ!v(ー_ー) チッチッチ」ッと、そのホールに行くとみんなに教えるくらいです。

例えば、

右ドッグレッグの400ヤードのホールでショートカットしたときに残り100ヤードになった。

時間が経つにつれて、400ヤードのホールで残り100ヤードのところまで飛ばした!になり、

当然、飛距離は300ヤードだ!ということになったのでしょう。

肝心のドッグレッグホールという部分が抜けてしまったようです。

後ろから強烈なフォロー風が吹いていたときもそうでしょう。

セカンド地点が下りでランが100ヤードほど出たときもそうだと思います。

カート道路を伝ってボールが転がったときなどもそうです。

自分の実力以上の飛距離が出ます。

また、練習場において、300ヤードの看板が向かいのネットに貼り付けてあることもあるでしょう。これは、あまり信用できないものです。その看板に当たったから、とか、看板を越えたからといって300ヤード飛ぶと考えるのはあまりにもお粗末過ぎます。

もしも300ヤード看板に当てるなら、その当て方が重要です。

ボールの高さが最高到達点に達しておらず、今からグングン高さを出していくのであれば、それもあるでしょう。しかし、そうとは思えません。

何よりも自称”300ヤードかっ飛ばす人”とラウンドすると、OBが多すぎます。これでは300ヤード飛ばすとは言えないような気がしてなりません。飛距離はやはり平均飛距離だと思います。

1つのOBを打つと、打ち直して300ヤード飛ばしたとしても、その300ヤードは3打目なんです。平均飛距離は100ヤード程度になります。これは先輩方から耳にタコができるくらい、よく言われたことです。プレイング4(前進4打)なんて、自分で飛距離を決められないわけです。

飛距離のロマンは誰しも持っているはずです。ゴルフにおいては、一つの楽しみでもあります。しかし、これがスコアに結びつかないと意味がないわけです。

飛距離が出ると言うことは、セカンドショットもショートアイアンで狙えます。

ショートアイアンで狙ったショットは、バーディーチャンスに付きやすいでしょう。

グリーン上の残り距離が他の誰よりも短くなる確率が高くなります。

最後にパッティングもできることになり、ラインだって最後まで見れることになります。

当然、バーディか最低でもパーで上がれるはずですが・・・

スコアカードにダボ、トリが並んでいることが多くあります。

キツイ言い方をすれば、飛距離が出るのにスコアが悪いと言うのは・・・

ドライバー以外のほかのクラブはまともに打てないと世間に公表しているようなものです。

“けん”がゴルフを始めてそれなりの時間が経過しました。

発売されるドライバーは年々10ヤードほど飛距離アップにつながることになっています・・・

そろそろ・・・

400ヤードは越えてるはずですが・・・

20年すれば200ヤード伸びる予定です。(;¬_¬)アヤシイ…

ではまた

ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

シェアする

フォローする

コメント

  1. バックスイングのヘッド

    バックスイングにヘッドを「30cmほど、まっすぐ引く」とよく言われますが、その効用は私の場合は、手の返しが抑えられるという効用があるようです。

    手の返し…

  2. ゴルフ動画レアムービー厳選ブログ-ゴルフパープレイ- より:

    ★横峯さくらの池ポチャ

    リゾートトラストレディスでの最終18番、横峯さくらは初日、2日目と2日連続で池…