当たり前ドライバーのミスショット

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「当たり前ドライバーのミスショット」です。ラウンドでドライバーのティーショットが上手くいってますか?ドライバーのミスを取り戻すためのアイアンショットに終始していませんか。

ドライバーはやはり練習しなければ上手くなりません。

一般的にドライバーをたくさん練習する人を”悪”のように扱われているようですが、実際はもっと練習しなければなりません。ドライバーをそれなりに打てることがゴルフにおいてアドバンテージを取ることができることは分かっているはずです。とても重要なショットなのです。

ゴルフ歴の長い先輩方には「ドライバーはある程度打てればいいよ」と言われると思います。その”ある程度”が打てないから練習しなければならないのです。自分のレベルは自分がよく知っています。

他人にとやかく言われなくても分かっているはずです。ドライバーショットが上手くなれば自分のゴルフは劇的に良くなると分かっているのです。そのためドライバーを練習しているはずです。

ドライバーでフェアウェイにボールを打つことができれば初めて練習してきたセカンドショット(アイアンショット)が生きてくるのです。

ドライバーでミスばかりしていては、アイアンショットはトラブルを脱出するためだけのショットになってしまうのです。アイアンの練習内容もトラブル中心の練習でもおかしくないのです。

たまにドライバーでナイスショットをしたとしても、練習してきたアイアンショットが何度も打てるでしょうか。アイアンのショットを磨くことも大切ですが、練習してきたアイアンを打てる舞台づくりをするためにもドライバーショットは大切なショットになるんです。

あまり周りの意見に惑わされることなくドライバーをたくさん練習して欲しいと思っています。もしも気になるのであれば、今のアイアン中心の練習の内容はそのままにして、ドライバーの練習を別メニューで加えることも考えるべきです。

練習することなくラウンドでドライバーを持つことは無謀としか考えられません。当たり前のようにドライバーでOBやそれに近いミスショットをします。これは必然です。練習量が足りないからなのです。

ドライバーがそれなりに打てるようになれば、ゴルフのラウンドもいっそう楽しくなります。そしてセカンドショットの精度やショートゲームの重要性もよく理解できるようになります。

早くドライバーを・・・

”ある程度”打てるようになってください。

ではまた

ドライバーの選び方/ゴルフクラブの選び方-ゴルフな気分
ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

コメント