フックボールの打ち方のヒント

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「フックボールの打ち方のヒント」です。フック系のボールの打ち方を違う角度からお話します。最近のドライバーは大型ヘッドでどう考えても曲がらないような気がするのですが、最近ゴルフを始めた人にとってはそうとも限りません。

また、「ゴルフ歴は長いよ」という人はスライスをしっかりと自分のものにしている人もたくさんいらっしゃいます。今さらフック系のボールなんていいよ、と言わずあのとき諦めてしまった悔しさを今晴らしてもらいたいと思います。

本日はゴルフをしている人にもミニバレーをしている人にも役に立つはずです。

ミニバレーのアタック

”けん”は、ミニバレーを週二回の練習しています。ミニバレーボール人口はかなりもので試合もそこそこあるので飽きることなく目標をもって練習できますし、たまには家族サービスもいいかな、くらいの気持ちで始めたわけです。

このミニバレーですが、バックアタックがとてもむずかしいです。ボールが軽いので力を入れて打つとホップするというか吹け上がりまともに相手コートに入りません。

あるとき、まだ現役バリバリの女子が練習に参加するようになりました。やはり現役。レシーブ、トス、アタックとそれは見事です。練習試合で対戦するとなるとアタックされたボールが最初は見えないほどでした。今でもクロスを打たれると目が追いつかずアウトなのかインなのか判断することも難しいくらいです。バックアタックも当然のように決めてきます。

アタックを打つとき特にバックアタックを打つときはボールにわざとラインドライブをかけるそうで、ボールが来た!とレシーブの体勢をとっても、構えたところより遥かに前にボールがインするんです。

ミニバレーのラインドライブとフックボール

そこでアタックの打ち方を教えてもらいました。”けん”は「なるほどそういうことか!」と納得したわけですが、周りの人たちは理解できていないようで半信半疑みたいな感じでした。

”けん”がすんなり理解できたのはゴルフのフックボールの打ち方と非常に類似していたためです。右から左に曲がるフックボール。それを上から下に置き換えただけでラインドライブになるというものです。

ミニバレーのボールは最初にお話しましたとおりとても軽く、高く上げたボールが上から落ちてくるときでも場合によっては変化しながら落ちてきます。そんなボールをバックライン後方で上から押さえるようにして打ち、相手コートにインさせようとしますが、結果、高さが足りずネットにかかったり、上手くネットを越えたとしても吹け上がりアウトになってしまいます。

ゴルフのフックボールにも役に立つヒント

教えてもらったことは下記のことです。

  • ボールは真横もしくは少し下目くらいを打つこと。
  • 腕が伸びた最高到達点で打つこと。
  • 打つ瞬間、肘を顔より前に出さないこと。ここが重要です。

あと、ボールは真上ではなくボール半分~1つ分くらい前で捉えること、などです。

フックボールを打てる人にはもうピン!と来たと思います。大切なことは、3つめの打つ瞬間に肘が顔より前に出ないことです。肘を前に出さないようにするとスイングしている腕がしっかりと伸びます。

実際にラインドライブの素振りを行なう

みなさんもその場でアタックの格好(素振り)をやってみてください。右利きの場合でお話します。右腕をアタックするようにバックスイングを取ります。体は半身になり右肩と同じくらいの高さに右肘が上がっていると思います。右手はボールを叩く形になり右肘が直角くらいに曲がっているではずです。

その体勢のまま、左手で右肘に軽く手を当ててください。そこからミニバレーのボール打つようにするわけですが、左手で右肘が顔よりも前に来ないように軽く押さえてください。すると、当然ですが、右肘は顔の前に出ることなく、行き場を失った右腕は高さに変わっていくはずです。右手首に力を入れていないとスナップも効いているはずですが、ゴルフには無関係ですけど・・・。

ボールを下から上に擦り上げることでラインドライブをかけているんです。これは縦の世界のお話です。横に置き換えるとゴルフのフック系のボールになりますよ。肘が前に出ないようにすることも考えを変えれば・・・

ゴルフの左肘が体の横から後方へ抜けてしまういわゆるカット打ちとも取れますし、グリップが先行しすぎてヘッドが遅れてくることとも似ています。また、最高到達点でインパクトを迎えることはゴルフに置き換えるとインサイドアウト(イン)と考えることもできます。

このように私たちの周りにはゴルフのスイングに役立つことがたくさんあります。いろんなスポーツをすることは、健康のためにもとてもいいことです。本日は、ゴルフとミニバレーをしている人にとって参考になるお話をしてみました。ちなみに・・・

教えてもらったからといって・・・

バックアタックが打てるようにはなりませんでした。ただいま練習中です。理解することと出来ることは違う、というとこです。”けん”は出来なくてもみなさんはできると思います・・・

というか・・・残念ですが・・・

できるのでしょうね。ヽ(‘Д`;)丿カァ~

ではまた

ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

シェアする

フォローする