ベスト85平均100ぐらい

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「ベスト85平均100ぐらい」です。いると思います。これを読んで、解決できるとは思いませんが、何かのヒントになったり、勇気が湧いてきたりしたらうれしいです。

初めて一緒にラウンドする相手に「どれくらいで回るの?」と聞くと、

ベストは85だよ」と言います。ではハンディということで

「4つ4つでどう?」と尋ねると、

「普段は(平均は)100ぐらいだよ」と言います。

よくある話ですよね。どうしても勝ちたいのか!?それとも本当なのか!?しっかりと見極めないと大変な(^m^) ウププ…ことになりかねません。しかし、それが本当であれば、仕方ありません。

ベストが平均より飛び抜けて良いゴルファーは、けっこういますよね。ではどうしてこんなにベストとアベレージが違うのでしょう。

場合によっては、ゴルフ歴は長いけどしばらくやめていて、昔85を出して以来、それに近づいたこともなく、今では、100前後のラウンドになっているゴルファーもいます。

アウトとインで大波賞だったりしているかもしれません。85を出したときは、アウトもインも40台前半で平均していたが、現在は、アウトは良くてもインで叩いたり、アウトが悪いとインが良かったりと安定しないラウンドになっていることが多くある場合です。

ベストスコアを目前に沈んでしまう緊張タイプもいるでしょう。コンペの優勝が懸かった後半になって、”いらぬ事”を考えてしまい、自滅してしまうことだってあるはずです。紛れもなく”けん”もその一人です。16番ホールの残り3ホールくらいになると、優勝スピーチを考え出します。

こんな感じですよね。今現在ベストスコア更新中というゴルファーもたくさんいらっしゃるのも事実です。みなさんのまわりにもそんなゴルファーがいるはずです。この問題を解決する糸口になるかもしれませんので注意してみてください。

例えば・・・

何かのきっかけで(転職したらそこがゴルフバカの集まる職場だった、あると思います)ゴルフに打ち込まなければならない立場に、または環境に飛び込んでしまった、それで突然上手くなった人もいるでしょう。

また、若い頃に出したベストスコア85で、現在70歳。100でラウンドということであれば、分からないでもないのですが、”けん”のまわりには、70歳台でベストスコアを出しているツワモノもいるわけです。もちろん、ティーは前からですが・・・大したものです。

・・・というように、なんとなく望みが出てくるような気がします。

どんな理由であれ、85でラウンドしたことがあるのであれば、「まぐれ」とか「たまたま」で片付けるのは、ちょっともったいない気がします。昔の栄光かもしれませんが、85を叩きだしたことには間違いないわけですから、平均100と言わず、95くらいではラウンドしたいものです。

すべてが噛み合いミラクルショットの連発で二度とこんなラウンドはできない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ベストスコアってそんなことの繰り返しで良くなっていくものです。「あんなスコア2度と出ないだろう」と思い90台、80台、70台とベストスコアを更新するんです。

経験上、ベストスコア85をたたき出したときのゴルフを求めていてもスコアは良くならないと思います。そのとき良かったことを思い出しても”キセキのショット”しか思い浮かばないかもしれません。新しい部分でみなさんのゴルフを磨くことが大切になると思います。

ゴルフ歴を重ねると、ゴルフ自体にトゲトゲしさがなくなり、それが良い方向に進めば問題ありませんが、そうでない場合、二度と浮上できなくなりそうです。

“けん”の仲間に、50歳(多分)になってからゴルフを始めた方がいらっしゃいます。最初はいろいろと悩みも多かったようです。練習場ではバチンバチンとドライバーショットが打てるのですが、ラウンドとなると、ボールの頭ばかりを打ちます。2年ほど続いたでしょうか。

今現在は、クラブ選手権に出場したり、競技ゴルフに参加し、それなりのスコアかもしれませんが、自分なりに楽しみながら、ゴルフをしてらっしゃいます。ゴルフを始めて1年くらいたってから、「競技ゴルフに参加しないか」と言われたみたいですが、お断りしたと言うことでした。

それだけの自信がなかった、と言うことでした。その後仕方なく出場することになり、結局、頭打ちのボールで結果は散々だったようです。しかし、その緊張感のある経験が、普通のラウンドで頭打ちを減らすことになり、競技ゴルフにおいても頭打ちがなくなっていった、ということでした。

今では、まわりを巻き込みながら競技ゴルフの良さを語られます。あの緊張感を味わわなかったら、今でも頭打ちをしていたかもしれない、って言ってましたよ。

「ベスト85平均100を忘れること」から始めてみましょう。ここを読まれているみなさんは貪欲な上達欲がある方ばかりです。それがあるならきっと目標をクリアできると思います。

一からやり直せる勇気を持つことがもっとも最短でベストスコアを更新できる方法かもしれませんね。

いつかは!(^_^;)

ではまた

シェアする

フォローする