飛距離自慢の100切り狙い

”けん”です。本日のゴルフレッスン「飛距離自慢の100切り狙い」です。飛ばし屋が100切れない!ってことはよくあることです。飛距離にばかりが気になり100(例:目標のスコア)を切れないんです。

 

飛距離が出るということは、飛ばない人からすれば羨ましく「気持良いくらい飛ぶね!」なんて言葉をかけられると、直いっそう飛ばそうと力みます。結果は、101。今日も100切れなかった!どこが悪いのか考えたときに・・・「ドライバーが悪かった」「OBが4発!」ということで片付けてしまいます。

 

あの1発がなければ・・・2打縮めることができたのに!

 

果たして、ドライバーばかりが悪かったのでしょうか?ドライバーだけではなかったはずです。アイアンショット(セカンドショット)だって力が入っていたはずです。9番アイアンで打てばいいのに、PWで目いっぱい振って”みせた”はずです。

 

パット数だって数えていますか?3パットもたくさんしたと思います。

 

ゴルフは曲芸を争そったり、興奮状態でかっ飛ばし飛距離を争そうスポーツでもありません、最終的にはスコアで争そう競技です。パーオンして2パットのパーと3オン1パットのパー、内容こそ違えども、結果は同じスコアで処理されます。

 

ゴルフでは内容勝ちなどありません。コンペの順位決めでは、内容勝ちなどは存在し、”けん”は頭を傾げることもありますが・・・(年齢勝ち、アウト勝ち、カウントバックなど)

 

飛ばし屋が目標のスコアを目指すときは、どこかに規制をする必要があります。当然、マン振りは禁物です。それだけで100を切れます。

 

1度切ることが出来れば、その後のラウンドは普段どおりのスイングをしても100を切る確率が高くなることもの飛ばし屋ならではです。もともと運動能力を持っていますので、適応能力にも優れているのでしょう。羨ましい限りです。

 

最初に言いましたように、「気持良いくらい飛ぶね!」といわれても、「たまたまです」くらいで受け流し、「振りすぎていたかも!」と注意してみてください。

 

それと言葉は似ていますが・・・

 

気持良いくらい振るね!
これは、
”飛ぶね”とは少し違います。「自分だって振れるけど、そこまで振らないよ」とか、「何にも考えてなくて気楽なもんだね!」というニュアンスが含まれています!

 

あなたのことを”飛距離馬鹿”と とらえているかもしれませんよ!しかし、飛ばないより飛んだほうがいいに決まっています。どうやってその飛距離をコントロールするかが今後の課題です。飛距離を10パーセント抑えてでもボールの方向性に気をまわすことも時には必要になりますよ。

(;¬_¬) 飛距離馬鹿…  v(ー_ー)  まだまだ飛びますよ!

 

ではまた

コメント