できるショットできないショット

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「できるショットできないショット」です。自分のできるショットを理解していますか。練習場ではできないショットをできるようになるために練習しているはずです。ということはラウンドではできないショットでプレーしていることになります。

スコアの伸び悩みで限界を感じている人は、もう一度自分自身をを見直してみましょう。きっとスコアは伸びるはずです。

たとえば・・・

トラブルに陥ったときスーパーリカバリーショットを狙っていませんか?いわゆるギャンブルショットになりますが、このギャンブルショット。ワンラウンドで何回も行なっていますよね。何回も使うということは何度もトラブルにあっているということです。

そのうちの1度か2度ならまだしも常に狙っていてはトラブルが更なるトラブルを引き起こし最終的には取り返しのつかないことになります。そうなるともうスコアを狙うどころではありません。ギャンブルで勝つことはゴルフにおいても確率の悪いものなのです。そこに確信できるものがなければ安全策が最善策なのです。

ゴルフは自分で判断し、誰からも「ちょっと待った」と止められることなく行なうことができるゲームです。それだけに自己責任が問われるスポーツです。すべてを自分決めることができますのでわがまま放題のやりっぱなしのゴルフスタイルになっている人もたくさん知っています。それがゴルフをむずかしくしているところでもあり楽しくしているところでもあるのです。

みなさんは自分の「できるショット」を持っていますか。追い詰められたときに頼りになるショットです。それはナイスショットの確率が高いクラブというよりも、ここでは平均的に打てるショット(スイング)を持っているということを意味しています。

スリークオーターショット(AWで100ヤードなど)を身に付けるなどです。この打ち方ができれば、ミスショットしても前後左右必要以上のトラブルにならないというショットで毎回ナイスショットではないが多少芯を外れてもそれに近い結果になるショットです。

スコアを伸ばすためには自分にできるショットを”理解”しておくことが大切です。練習場で常に平均的に打てるショットを知っていますか?ひとそれぞれに違うとはずですが、それを知っていても意外に使っていないことがあります。

「ここぞ!」という場面にはとても頼りになるショットなのに、それほど使うことがないのです。練習をそれほどしていなくても「自分にできるショット」は持っているものです。ほかの人よりも上手いショットというわけではありません。自分の中のできるほうのショットなので持っていないわけはありません。

これを理解し実践することです。

ミスしたとき思い切ったプレーが出来なくなる。それが続くとキレたり小さくまとまったりする。そんなことからスコアは崩れていくことが大半です。どこかで気持ちを入れ替えるなり、攻め方を変える必要が出てきます。逆にすべてを忘れてしまうことも良いと思います。

そのために一呼吸おけるのが「自分にできるショット」なのです。確率の悪いショットは自分のできないショット、練習中のショットはできるかもしれないショットなのです。

練習場で憧れの球筋を練習するは将来のゴルフスタイルを作る上で非常に大切なことです。まだ完成していない球筋ををラウンドで試すときはそれなりにホールを選ぶべきですべてのショットで続ける必要はない。できればトラブルに陥る前にできるショットで修正できればスコアはさらによくなるはずです。

練習場では新しいショットを磨くことも大切ですが、自分のできるショットを見極めることも忘れずに行ないましょう。できるショットが1つあるとコースマネジメントする上で格段に攻め方に幅が生まれますよ。

中にはできるショットだけを続ける堅実なゴルファーもいます。個人的にはあまり面白くなく好きではありません。できればみなさんはバーディーを虎視眈々と狙うようなゴルファーになってもらいたいと思います。ミスしたときはできるショットに頼りましょう。

まずは、「できるショット」を「実践する勇気」が必要になりますよ。

これが意外とむずかしい!

ではまた

コメント