雨(梅雨)のラウンド

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「雨(梅雨)のラウンド」です。そろそろ梅雨に入る時期になりました。雨が降ってもゴルフはプレーできます。ゴルファーの中には雨に濡れてまでラウンドしたくない人もいるようですが、待ちに待ったラウンドが雨だったとしてもプレーしたいのがゴルファーの性です。

確かに雨の日は靴の中まで雨水が入ったり、普段は着ないレインウェアを着たり、グリップや手袋が濡れてしまい、動きづらくなります。当然、スコアは望めません。せっかくのラウンドでベストスコアを目指して練習してきたにも関わらずスコアが期待できないのはモチベーションが下がるのも当然です。

スコアは雨のことを加味した目標スコアに変更するべきです。雨の量や風の強さにもよります。目標スコアを変更しているみなさん以外は、雨だろうと風だろうとベストスコアを目指してきますので、ミスしたときの傷口が広がるはずです。

そこにゴルフの醍醐味を見出しましょう。普段であれば勝てないような相手に勝てるチャンスが生まれるのです。雨に強いゴルファーになりましょう。

雨の日のアプローチはチャックリしやすいものです。それが分かっているので、できるだけランニングアプローチを多用したいものです。ショットはキッチリとボールを捉えることができるパンチショットがいいです。距離感よりもラインで勝負しましょう。

雨の日は、ルーティンをいつも以上に意識しましょう。ゆっくりと素振りをし、グリップがどれくらい握れているかも確認したいものです。雨に濡れても慌てることなくボールを打ちます。打ち急いで早く傘を被りたいところをグッと抑えて、ボールがどこに落ちたのかまで確認することです。

ゆっくりと傘を被りましょう。そこまでをルーティンと考えたいものです。

朝から雨が降っていなかったり、天気予報では晴れになっていたりしますが、この時期はあまりあてになりません。荷物がかさ張りますが、雨のラウンドの準備はしておきたいものです。

持っていくもの(雨のゴルフ)

  • タオル数枚。
  • 手袋を複数枚。
  • レインウェアも持っているのであれば2つ。
  • 傘はゴルフ場のもので結構です。
  • 着替え(パンツ・靴も含めて)

気持ちよく後半のラウンドができるような準備が必要です。結局、濡れてしまうのですが、準備しているととても重宝します。

ラウンド終了した後、キャディさんがクラブを拭いてくれたりしますが、自宅に戻ったらもう一度クラブの掃除をしてください。とくにスチールシャフトのアイアンなどは拭いた後にベビーオイルなどを塗っておきたいものです。

雨の日のラウンドがきっと楽しくなるはずです。

ではまた

にほんブログ村 ゴルフブログへ

シェアする

フォローする