自分の得意を見つけよう

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「自分の得意を見つけよう」です。今の自分を変えることなく考え方だけでスコアを良くしたり、大叩きをしないようにまとめたりする方法としてコースマネジメントが知られています。

コースマネジメントをしていないという人も知らず知らずのうちに行なっていたりするものです。ただ、それを自分の意志で行なうのかそうでないのかはあると思います。

知らず知らずのうちに行なっているコースマネジメントとして、池越えで越えることができないと考えて手前に刻むこと、右のOBが怖いので少しだけ左を狙うこと、などでこれも立派なコースマネジメントです。

自分の得意クラブがあるとかなり有利にラウンドすることができることは理解できると思います。フェアウェイウッドが得意な人はティーショットでミスしてもフェアウェイウッドでグリーン近くまで運ぶことが出来ます。

気持ち的にもフェアウェイウッドが得意と分かっていると、ティーショットにかかるプレッシャーはかなり解消されティーショットも案外上手くいったりするものです。

得意クラブでなくても得意なショットでも同じことになります。風が吹いているとき、低い球筋を打つことができる人は「パンチショットで攻めよう」と考えるはずです。スコア的にも普段と大差なくラウンドすることができます。

一方、球筋をコントロールできない人はラウンドする前から「今日は厳しいラウンドになる」と考えています。風への対策が無い分当然スコアは悪くなります。

得意なことは、探してみればあるものです。自分の強みを理解しているならばコースマネジメントに生かしてみてください。今、「そのショットが使えるか」「クラブが使えるのか」と考えるのはコースマネジメントを考えていなかった昔の自分です。

今後は次のショットで自分の強みを使えるかどうか、そこへボールを運ぶことができるのかどうか、そこからはじめましょう。一つ前のアクションから行なうことでラウンドの内容も大きく変化するはずです。

どうしても得意なショットがないのであれば100ヤードのショットを練習するといいでしょう。一番簡単でミスも少ないショットです。

ではまた

コメント

  1. いしい より:

    こんにちはいしいです。
    とてもおもしろいブログですね。
    内容がもりだくさんで驚きました。
    応援していきます。