イメージトレーニング

けんです。本日のお題は「イメージトレーニング」です。ゴルフはイメージが大切なスポーツです。頭の中で思い浮かべた事を実践する他のスポーツでもそうですが、1度しかないこの場所からのショットをイメージに近い球筋で狙えたら、見る見るスコアはよくなるはずです。

イメージトレーニングに時間を費やしているプロゴルファーもたくさんいるはずです。イメージがわかないとセットアップしないプロもいますし、それくらい大切だということでしょう。

イメージトレーニングの基本はプラス思考。頭の中で考えている事がマイナス思考だとトレーニングの意味がありません。実際にコースに出たときに打ったことの無いスーパーショットをイメージすることはオススメできませんが、今まで打てたショットの組み合わせでイメージしていくことが大切だと思います。

コースでは、ショットに限らず、どちらかというとパッティングの時・アプローチの時に、自分なりにイメージを浮かべショットするほうが遥かに多いはずですが、イメージトレーニングの時は、アプローチをするようなところに打たないですよね(^m^)

パッティングだって悪くて2パットです。パットの距離なんてイメージの中ではアイアンが異常に切れているので長くて3~5メートルしかありません(^-^; しかもグリーンを狙うショットではバックスピンがよくかかります。

間違った方向にイメージしてしまうと大変な事になります。これはゴルフをしている方はみんなが経験済みではないでしょうか。たとえば・・・

池を越え、松林など。池に入れたくないなぁ~と入ったところをイメージして!池ポチャ。

左右に松林は入りたくないなぁ~と出すだけのトラブルショットをイメージして松林。

マイナスイメージはとても強く心に残ります。

マイナスイメージのときは、たいした技術もないのに、左右2メートルと乱れることなくイメージを再現できるのですからイメージトレーニングの重要性が理解できるはずです!?

ちなみにイメージトレーニングに「みんなのゴルフ」はどうかと思います。(^ー^)v けんも大好き

ゴルフに行きたいイメージは強くなりますが・・・。けん「今度の日曜日さぁ・・・」 妻「だめです」 即決

ではまた

シェアする

フォローする