ミスショットを未然に防ぐには

”けん”です。本日のお題は「ミスショットを未然に防ぐには」です。そうなればゴルファーみんなが救われるのですが、なかなか上手くいきませんよね。

ミスするのは、プレッシャーがかかったときや予期せぬトップ・ダフリなど、こうなるかもなんて考えておくことも大切です。ミスしたときの心構えが出来ていると、次打に気持ちを早めに切りかえることができるからです。

ミスするつもりでショットする人はいませんが、ミスするかもと思うと、そのとおりのミスをすることはよくあることです。池に入れるかも、左サイド、右サイドのOBが気になるなぁ~なんて誰にでもあることです。強く意識すればするほど、池ポチャ!OBになります。

できたら、そのミスショットを少しでも減らしたい!と思うはずです。”けん”がミスしそうだなぁと感じたときにすることがあります。ほとんどルーティンみたいなものです・・・みなさんに当てはまるわけではないと思いますが、”けん”ってこんなことしてるんだぁ~程度に読んでください。

そして、みなさんのミスショットを未然に防ぐ方法を独自に編み出すヒントになれば幸いです。

”けん”は緊張したり、ミスしそうなとき、わざとむずかしいクラブで素振りをします。たとえば、残り距離から番手は5番アイアンだったとします。素振りを3番アイアンか4番アイアンで行なうんです。

すると・・・

ミスしないような気がしてくるんです(^m^)

気持ちの持ちようでしょうけど、”けん”にはとても効果があります。

ドライバーのティーショットのときはどうでしょう。ドライバーより大きいクラブはないし!?

と思いますよね。ドライバーショットでミスしそうなときに、はじめに決めることがあります。グリップを短めに握って打つと決めることです!?なんだよぉ~なんて思っているはずです。しかし、最初にそのことを決めることがとても重要なんです。

ドライバーでミスショットしそうなホールでは、短めに握ると決め、素振りはグリップエンドがかぶるくらい長めにグリップして行ないます。打つときは、最初に決めた短めで打つわけです。”けん”のようにアイアンからドライバーまでクラブを基本的に短く握る方には、参考になるかもしれません。

ドライバーでもアイアンでも大切なことは、むずかしいクラブでスイングしたリズムをしっかりと覚えておくことです。そのスイングリズムで”やさしい”ドライバー、アイアンを打つとかなり良い結果がついてくることが多いです。”けん”の場合です。

”やさしい”からといって、強振しないことが大切です。何度も言いますが、リズムです。

それと・・・

緊張する場面で・・・・このことを・・・

思い出せるか ・・・がカギになります。これが一番むずかしいです(^^;)v

みなさん独自のミスを未然に防ぐ方法を編み出してみてください。

ではまた

シェアする

フォローする