リセットするクセをつける

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「リセットするクセをつける」です。ゴルフでは前にホールのOBを引きずったり、3パットを思い出したりするものです。そうすると同じミスを繰り返すような気持ちになるから不思議です。

ゴルフレッスン/フィニッシュの崩れ

どうすればこの思いを断ち切ることができるのでしょうか?

“けん”の場合、前のホールのOBは、それほど気になりませんv(ー_ー)  が、パッティングに関しては気になるほうです。特に一度プチイップス病にかかってからなんとなく、その病にかかる瞬間といいますか、かかってしまう状況下に置かれると嫌な感じがするからです。

その場面は突然訪れます。グリーンが速い、遅いは関係ありません。ノーカンパターで飛ばしてみたり(オーバー)するときは気になりませんが、ショートしてしまい、思ったようにストロークできなかったときに感じます。

“けん”は常にショルダーストロークを心がけているわけですが、手打ちになるときがあります。そんな時ショートしてしまうとなんとなく違和感を覚えるんです。今始まったわけではないと思います。数ホール前もしくはその日のスタートの時点から手打ちになっていたのかもしれません。

ゴルフレッスン/パッティングの始動解決策

そんな時、”けん”は左肩を下に落とすことでパッティングを始動するように心がけています。これは、理にかなっていると思いますし、”けん”の中での”リセット”になっているんです。これをすれば大丈夫と信じているところもあります。心のよりどころになっています。

後を引くような事が起こったのであれば、どこかで修正が必要ですよね。上記で、OBは気になりませんと言いましたが、、2球も続くともちろん気になります。

そんなときは、リセットすることをおススメします。

リセットの仕方は個々に違うと思いますが、自分のうまく行ったときを考えるとおのずと答えは見つかるはずです。昼間の休憩時間がリセットになったり、アドレスまでのルーティンストレッチも効果があるでしょう。

OBの打ち直しで気持ちをリセットできない場合はクラブの番手を換えることでリセットすることもありますよね。”けん”の場合ですが、わざと左で素振りしたり、SWで素振りしたりするとなんとなく気が紛れることもあります。

ゴルフというスポーツは、一つ一つのショットの集合でゲームになります。一つのショットごとにリセットするクセをつけることは、悪いことに関しては尾を引かないことになります。いま良い形でラウンド出来ているであればリセットと捕らえずリスタートと考えましょう。これができるスポーツです。

普段では考えられないようなスーパー・パーセーブが続いたりします。実力以上のものもショットが集合すると起こりえるんです。ティーショットのミスをアイアンがカバーしたり、セカンドのミスをアプローチがカバーしたりという具合です。

しかし歯車が噛み合わないと、悪い方悪い方へ進んでしまいます。

OB打ってもまたOB!コンティニューで続きます。すぐにリセットが必要です。

あと自分に・・・

期待しない!これもリセットと同様の効果があります。(^m^) ウププ…

たとえば、前半、叩いてしまった場合でも、以外に後半は盛り返すとかです。これもリセットかもしれませんね。いい意味で勘違いすることはあっても良いでしょう 俺キタ━(゚∀゚)━ッ!!

次回のラウンドに期待してもいいのかなぁ

ではまた

シェアする

フォローする