アベレージゴルファーって

”けん”です。本日のお題は「アベレージゴルファーって」です。アベレージゴルファーというと、「あまり上手くない」「やさしいクラブを使っている」読んで字のごとく「平均的なスコアでラウンドするゴルファー」・・・こんなイメージでしょうか。

先日、発売された「WEEKLY GOLF DIGEST」2007新年合併超大号(1/9・16合併号)の中に、「アベレージゴルファー」について書かれた記事が載ってました。12,474人のデータからはじき出したアベレージゴルファー像が載ってます。とても興味深い内容でおもしろかったので、読んでみてください。

自分自身はアベレージゴルファーなのか、それとも上か下か!

「おれ!?アベレージゴルファーじゃないよ!」・・・なんて

とても気になりますよね。

実際によく使う言葉なのに、私たちの使うアベレージゴルファーって広範囲なんですよね。しかし、ゴルフダイジェストさんもやってくれますね。よくぞ、データをまとめてくれたものだと思っています。

また、分析は下記の内容に及んでいます。

79以下 / シングルクラス!

80台 / 堂々たる”上手い人”

90台 / ハンディ次第でコンペ優勝も?

100台 / やっぱり厚い!100の壁

110台 / 意外と一番楽しい時期かも

120台以上 / まだまだこれから上手くなる
”けん”もここがはじまりでした142打(最低144打)

自分の位置を確認しましょう。12,474人のスコア内訳で、各クラスのパーセンテージを割り出してあります

年齢的な部分での調査も行なわれ・・・

20歳代/30歳代/40歳代/50歳代/60歳代 とわけて「平均スコア」「平均ベストスコア」「平均ワーストスコア」「叩いたと感じるスコア」「目標とするスコア」・・・などが出されていました。

内容は書けませんのでご了承ください、早めに書店でお求めください
あなたは平均より上手いのか!?それとも下手なのか!?
今年一年の目標もたてやすい!?かもね!

ではまた

シェアする

フォローする