ゴルフクラブを買い替えただけで球筋が変わる

ゴルフクラブ,買い替え,球筋,飛距離アップ

ゴルフクラブを買い替えるときってどんなときだろうと考えると

  • ゴルフクラブで球筋変えたり飛距離を伸ばしたいとき
  • ゴルフレベルが上がりクラブが合わなくなったとき
  • 好きなプロゴルファーと同じものを使いたくなったとき
  • ゴルフクラブが壊れたり・盗難にあってしまったとき
  • 心機一転、ゴルフに取り組みたいとき
  • 新製品に一目惚れしたとき
  • ゴルフショップで衝動買い

・・・など様々です。

最初の「ゴルフクラブで球筋変えたり飛距離を伸ばしたいとき」は多くの人がゴルフクラブを替えるキッカケになることが多いと思います。

飛距離が伸びて違和感を覚える人は少なく、ほとんどの人が喜びを隠しきれないわけですが、球筋が変わることについてはちょっと違います。

これまでスライスしていたので、もっとつかまるクラブに買い替えたという人は少なくないわけですが、スライスからドローボールになることを期待していたわけで、フックでも悪くない・・・くらいの気持ちです。

しかし、結果はヒッカケ。

初めはヒッカケでも違う球筋で楽しめます。「そのうち上手く打てるようになるだろう」くらいの気持ちです。練習を続けるうちに「このクラブは合っていないのかも」と疑い始めます。

球筋に戸惑い、スライスはしないもののヒッカケが治らず、ゴルフコースに行くとスコアはこれまでよりもいくらかは良くなっている・・・違和感ばかりのゴルフです。

これまでスライスをしないように体中に”開眼バーツ”を散りばめてきたわけですが、どこかにいらないパーツがあり、またどこかに足りないパーツもありそうなんです。

SPONSORED LINK

スイングを変えるキッカケに

やはり、スイングを根本的に変えなければ、思ったような球筋にはならないのです。ただ、新しいクラブに替えただけで球筋が大きく変わったわけですから、今のクラブは本当によくできています。それでも・・・

ヒッカケは、クラブフェースが被っていることと、スイング軌道がアウトサイドインになっていることが原因の場合が多いわけですが、これまでのクラブではスライスになっていたのが、新しいクラブになるとヒッカケになるわけですから、同じスイングであれば、クラブフェースが被りやすくなっているのは新しいクラブの性能なのでしょう。

そこでクラブフェースを開くようなことをすれば、クラブの長所を無くしてしまうことになります。クラブに関係なくヒッカケの原因になるはスイング軌道です。

スイング軌道をできるだけ、飛球背に対してまっすぐになるようにスイングすることができれば、ヒッカケは無くなるはずなのです。しかし、インパクト付近でスイング軌道をまっすぐにすることは簡単なことではありません。

治すためには極端なインサイドアウトに振るつもりでないとインサイドアウトインの軌道にはなりません。

クラブを変えたからといっても、スイング軌道はどうにもなりません。スイング軌道はスイングの大元の部分です。すべてを変えないと変わりようがない部分といっても過言ではありません。クラブを変えて球筋を変えるというのはある程度のゴルフレベルに達した人だけが可能なことなのかもしれません。

クラブを買い替えることは慎重になりますが、クラブを替えることで自分のスイングにもう一度向き合えるキッカケにもなるはずです。上記のようなことをありえると分かっていれば慌てる必要はありません。クラブを買い替えることがゴルフ上達のキッカケになることのほうが多いです。

何といっても新しいクラブを買うと・・・

練習します。

ではまた

ゴルフクラブの選び方。ゴルフクラブのメーカー別、人気売れ筋ランキング別、ゴルフクラブの種類別に詳細に解説しています。ご自分に合ったクラブを探してください

シェアする

フォローする