器用な人と不器用な人

小学生のとき、彫刻刀で机に穴をあけ、消しゴムを丸めパットゴルフしてました。

みんな経験あるはずだ!”けん”です。

ちなみにテストの時、鉛筆がグサッとその穴に刺さります。

消しゴムを詰めて平らにしてたはずです(^m^) ウププ…

そう考えるとゴルフ暦は長いな~

”けん”です。本日のレッスンは「器用な人と不器用な人」

一度染み付いた癖は直りにくい。それなら良い方向に癖をつけるようにしたいものです。
”癖”という言葉はあまり好ましくない意味で使われているようです。

「~の癖に」なんて使い方もしますしね。

しかしゴルフに限らず、繰り返し練習することでスイングを完成させたい!そのため、みんな良い意味で癖にしようと日々努力している事でしょう。

器用な人は、癖がついてもすぐに別のものを取り入れることができるのですが、癖がつきにくいということになります。繰り返し練習して理想のスイングを完成させても、癖になりにくく、スイングが固まらないということになりかねません。

器用貧乏というヤツですね。

一方・・・

不器用な人は、スイングを体に染み込ませるまでは時間がかかったり、ひとつひとつの行動がドン臭かったり(これは余計ですが)、一度手に入れた癖はなかなか直りません。それが良い意味での癖であれば、大きな武器になるわけです。

スライスでも良いでしょう。スライスしかしないのであれば、曲がる方向を1方向に限定できるわけですから、コースマネジメントするうえで非常に有利になります。

と・・・ブラス思考でいきましょう!

少しは勇気が出てきましたか。

ダフリ癖とかは論外です (^-^ゝ了解!!

ではまた

シェアする

フォローする