自分で気づこう

”けん”です。本日のゴルフレッスンは、「自分で気づこう」です。ゴルフは自分で自分を管理しなければスコアがよくならないところがあります。

その時の感情をボールにぶつけてしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことはみなさん経験済みのはずです。”けん”も何度もそのような経験を踏んできました。誰もが通る道だと思います。

ゴルフを始めたばかりの初心者が、落ち着いてプレーできるほど、ゴルフはやさしくありませんよね。同伴者との雰囲気までぶち壊してしまうほどに我を忘れることだってあったはずです。

どんなに外面(そとづら)が良くても、ゴルフをさせれば化けの皮が剥がれることになることはよくあることです。こんなに温厚な人がこれほど”熱くなるなんて”。よく見る光景です。

とくにOBを連発してしまうとまわりが見えなくなってしまいます。決して初心者だからではなく、競技ゴルフをしていてもそのようなことが起きるところを何度も見てきました。

自分はできるという自信から取り返しのつかない失敗をしたり、それを繰り返したりすると腹が立ってきて、ぶつけようのない怒りが爆発してしまうことになるんです。

どこかで息抜きをすることを覚えるときっとそのようなことも無くなるはずです。ただ、これはあくまで自分で気づくべきで、まわりがいろいろと指摘しても、その場では逆に熱くなり沸騰してしまうことがほとんどです。

自分の未熟な技術を駆使しても、出ないようなアゴの高いバンカーから脱出するために何をするかというと、”何度も打って(挑戦して)脱出を試みる”のが一般的です。今の自分の技量では脱出できないことを理解できていないのです。

出る(脱出できる)と思う、出せるはずだ・・・

こんなはずじゃない・・・

僕はできる子だ!

と自分に言い聞かせるのです。

だんだんと置かれている状況に耐え切れなくなって、キレてしまいます。このようなことはよくあることとはいえ、できれば早い段階で気づきたいのですが熱くなった気持ちをどこにも持って行きようがないので、終わってみると気まずさだけが残ります。

ただ、このようなことを何度も繰り返さないことが何より大切です。何も学ばないとすれば、ゴルフが上手くなるどころか、誘ってももらえなくなります。

経験したことは、今後に必ず役立てるようにしましょう。昨日の自分より今日の自分のほうが上手くならなければなりません。”けん”個人としてはすべてにチャレンジしないゴルファーよりもよっぽど人間らしい部分が好感が持てて良いと思いますよ。

ではまた

シェアする

フォローする