できないと決めつけない

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「できないと決めつけない」です。何事にも慣れてくると、楽なほうに流れてしまいます。

人生では、選択に迫られる時期が必ず来ます。選択肢は、2つ(以上)あるはずです。一つは自分以外の人間から見るとバラ色の人生で、もう一つは険しい人生です。

前者は他人目線の判断が大きく左右し、”一般的に”幸せといわれる人生です。後者は直面している本人が見いだした険しい人生かもしれません。

険しい人生といってもそれは自分以外の人間が考える人生観であり、決して自分にとっては険しい人生と決まったわけではありません。

幸せな人生か、険しい人生かは、自分自身が決めるものであり、将来それが険しい人生になったとしても、自身が望んだ人生で実際のところは豊かな人生かも知れません。

ゴルフを続けていると、いろんな問題に直面します。スライス、ヒッカケ、トップ、ダフリ、イップス、人間関係・・・たくさんあるはずです。

アドバイスやヒラメキで一時的に開眼し、当面の問題はクリアしますが、それは単に表から消えただけでしっかりと後ろに並んでいます。

他の問題が出ても同じように解決していたのでは、問題が山済みとなり、いつ崩れてきてもおかしくない飽和状態になっていませんか。

その前に、何か対策を講じるべきで、問題はできるだけ早めに解決したいものです。

もしも、みなさんが「スライスする」「ヒッカケがでる」など問題があるのであれば、一時的な開眼で問題を回避するのではなく、その場に止まってでも直面する難題を解決して欲しいと思います。

「明日、ゴルフだから」と、先送りしてはいけません。

明日のゴルフがあなたの人生に影響をもたらすほど大切なラウンドならいざ知らず、そうでない限り今から解決すべきです。

ゴルフでは、教えられるものは数多くありますが、経験の中から自分で学ぶ(選ぶ)ものも多く存在します

最初に教えてもらうのがグリップの握り方だとすれば、ご存知のとおり十人十色で同じグリップは存在しないわけでそれを押し付けられるのも困ります。

まわりの意見や教えは1つの選択肢として考え、自分に合ったものを選ぶか、編み出すことです。

解決できない問題はないと信じています。問題があるとすれば解決しようと努力していないことが問題なんです

「言われていることもわかる」でも「できないよ」「できるわけない」という言葉で片付けないでください。

やる前から諦めるのは論外です。とことん追求しましょう。

そうすれば、今まで後回しにしてきた問題がたくさんあることに気づくはずです。

それが当面の練習課題です。がんばりましょう。

ではまた

シェアする

フォローする