初心に帰ろう!スイング改造したい人

”けん”です。本日のお題は「初心に帰ろう!スイング改造したい人」です。ゴルフに行き詰ったときや、もっと良いスコアを目指したいときにスイングの改造を行なうのではないでしょうか。

そんな”けん”も何度スイング改造したか・・・。しかし自分でも大きくスイングが変わったと、感じたときの共通点をもとにお話します。

ゴルフスイングの部分でトップの形やアドレス・ダウンスイングなど・・・チェックするところはたくさんありますよね。「スイング改造中だよ」って方のスイングを見ていても、どこも変わってないように感じるのは、”けん”ばかりではないと思います。

しかし、当の本人はいたって真剣にスイング改造しているわけですから・・・

「いい感じだね」というしかありません。考えてみてください・・・

今あなたのスイングが10のパーツで構成され、それを考えながら、または身体に染み付いてるとします。そのパーツでスイングしているのであれば、そのパーツを1つ2つ取り替えてもさほど変わらないということです。

本気で変えたいのであれば、10のパーツをすべて外してしまうことが、一番手っ取り早いし、悪いクセを根本から治すことができる唯一の手段かもしれません。すべてを元に戻して再出発するほうがいいわけです。「初心に帰る」です。

しかし、現実的にはとてもむずかしいことですが、やってみる価値はあります。

グリップからしっかりと見直すことができますし、小さなスイングから練習することできます。

練習場に行くときもたくさんのクラブを持っていかないことです。持っていくクラブは7番アイアンとか9番アイアンとか1本に絞るほうがいいと思います。

間違ってもドライバーなどを持っていかないでください。どうしても打ちたい衝動に駆られ、せっかくスイング改造しようと外していたパーツは”モトサヤ”に戻ってしまいますからね。

それと、もうひとつは、しばらくラウンドしないようにしたいものです。練習場以上に元に戻ってしまいます。しばらく”練習しない””ラウンドしない”もいいかもしれません。スイングをすっかり忘れてしまう方法があればいいですね。

レッスンプロに教えてもらうのもいいと思います。自分の思ったとおり練習するより、メニューを決めてそれしかやらないほうがスイング改造には適していると思います。最初にレッスンプロにその旨、伝えておけばいいでしょう。

自分の良い部分を残したいとか考えることも良くないかもしれません。その良い部分を生かすために現在の”パーツ”を集めたわけですから、最終的には元に戻りやすくなります。

この週末、みなさんもニューパーツを見つけてみてはいかがですか?

一番見た目で変わるパーツ・・・それは・・・

リズムですよ♪

ではまた

シェアする

フォローする