石川遼2009年賞金王に

”けん”です。2009年、男子のプローツアーも今回のJTカップで全ての日程が終了しました。今年はあっという間に終わった感じです。結果、2009年の賞金王は石川遼選手。若干18歳にして日本ツアーの賞金王になってしまいました。

今年度当初、石川遼選手が賞金王になるなんて夢にも思わなかったのは私だけではないはずです。1勝することも大変なプロの世界で4勝、通算獲得賞金は1億8千万円を越えました。

日本ツアー記録の中でも36年前の尾崎将司選手の26歳を大きく更新することになりましたし、18歳の賞金王は、世界のツアーの最年少記録になるらしいのです。こんな大きな記録を打ち立てしまった石川遼選手なのです。

”けん”もできるだけブログで石川選手を取り上げることはしないように心がけてきました。日本ゴルフ界の宝物ですし、キラキラ光を放つ原石を覆い隠すような影を作るわけにはいかないという”けん”の浅はかな考えからでした。

”けん”のブログの影響(微少)が石川選手に悪い影響を与えないように、と自分なりに判断したわけですが、ほかのブロガーの人たちも少なからずそう考えていたような気がします。

しかし、そんな私たちの心配をよそに想像を超える活躍を石川選手がしてくれました。他の選手は、今のままでは石川選手に大きくリードされること必死です。

石川選手のように思い切って振っていくようなスタイルの選手が今後は日本ゴルフ界を引っ張っていくことになるのかもしれません。日本の選手は海外の選手に比べて体も小さくその分飛距離的に負けてしまうことが言われてきました。

しかし、日本人には、生まれながらの器用さがあります。一瞬で力を出す集中力あります。また、どんな状況に追い込まれても忍耐強く我慢できる精神力があるんです。

ゴルフってパワーさえ克服できれば日本人向きのスポーツだと思います。

石川遼選手には、まずは海外ツアー優勝。

そして・・・

夢のマスターズ!

私たちゴルフファンも石川選手といっしょに夢を見たいものです。

そのときは、ささやかながらお祝いしたいと思います・・・

・・・というと家内から「ここ1カ月ずっと乾杯してたでしょ!」と言われそうです。

いいんです!気持ちの問題なんです。

”けん”も夜の街で大きな乾杯できますように♪遼君にかかってます。

ではまた

シェアする

フォローする