にほんブログ村 ゴルフブログへ

ぐずぐずしないスイングを目指す

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ぐずぐずしないスイングを目指す」です。個人的には迷うことなく決めたことを行なうためぐずぐずしたプレーはしませんが、それだけに同伴者にスロープレーをする人がいると気になってイライラしてしまい結果的にリズムに乗り切れないときがあります。

パッティングでもショットのときでもぐずぐずする人に良い結果が表れることはほとんどないと思います。仮に良い結果が生まれたときでももっときびきびしたプレーをすることで今以上の成果が表れると思っています。

ぐずぐずする人は迷いがあるようですし、ターゲット方向を確認したり、パッティングであれば距離感を想像したりとしていることもあります。このような人は一般的に慎重派と言われますが、個人的には段取りの悪さがやたらと目に付きます。

ぐずぐずしないですぐに打つことに慣れましょう。

練習のときからすぐに打つことを行なっていなければ実践は通用しません。ただ、練習のときはぐずぐずしない人もいるわけです。そのような人の場合、アドレスに入る前のターゲットを決める段階からの時間を短くすることが良いでしょう。

ボールの2~3メートル後ろに立ってターゲットを確認し狙いどころと球筋をイメージします。それによりスパット(目印)が決まります。このときクラブのシャフト部分を使うとスパットを早く見つけることができます。

数歩歩いてアドレスに入りますが、このときボールとスパットを何度か目で追いながら行なうとスムーズにアドレスに入れると思います。ここまで来る間にどちらの手で持っているか問題になることもあります。

右手で持ってアドレスに入ると肩ラインがオープンになりやすいと言われますし、左手で持ってアドレスに入るとその逆のクローズになりやすいとも考えられます。両手で持って入る人もいるでしょう。ただあまり気にしないことです。個人的には歩いている間に両手になりますけど。

アドレスに入ったら少しワッグルをしてすぐにスイングに入りボールを打ちましょう。

まずは練習で行ないましょう。最初は悪い結果が続くと思いますが、続けて練習してください。流れを一旦止めてしまうとアドレスした後にスパットを再確認したり風が気になったりとそれに合わせて微調整に時間がかかります。これがスロープレーにつながってきます。

この微調整の間に体が固まり動き出すキッカケをなくしてしまうものです。動き出すためにワッグルを繰り返したり、大げさなフォワードプレスを行なわなければ動き出せなくなります。流れの中でスイングすることができれば、無駄な力が入らないことに気づくはずです。

ぐずぐずしている人はラウンド中にスイングを変化させることも多く常にスイングのどこかが悪かったと疑っているものです。スイングの欠点は練習場に持ち帰り直してください。ラウンドでは多少欠点のあるスイングでも決めたスイングを整然と行なうだけです。ミスショットはアドレスまでの流れの中に見つけることにしてください。

ではまた

シェアする

フォローする