ゴルフボールに線を引くその使い方

”けん”です。本日は「ゴルフボールに線を引くその使い方」です。パッティングラインも距離感もある程度読めた。いざ打ってみると狙った方向へボールが転がらない。そんなことがあると思います。

そのような方に送るゴルフレッスンです。

イメージ通りにボールが転がらない

イメージ通りにボールが転がらないいくつかのポイントがあるはずです。考えられることを挙げてみましょう。

アドレスでボールに正対できていない

ボールに対して正確に立てていないため、ターゲットに対してズレたアドレスを取っていることになります。読みが正確であればあるほど入らない限りなく確率は100%になるはずです。

パッティング技術が低い

パッティング技術といっても難しいことではありません。ほぼパッティングの練習をしたことがないためにイメージ通りにボールを転がすことができないということです。スイートスポットを外すだけでボールは想ったように転がってくれません。しかしこれは練習で解決できます。

パターが合っていない

せっかく読みもパッティングの練習もしっかりとしているにもかかわらず、狙った方向へ打ち出せないときは、パターを疑いましょう。自分にパターが合っていなかったら入るものも入りません。(長さ・ライ角・フェース面の向きがおかしい・グリップがスクエアに入っていないなど)

パターの選び方/ゴルフクラブの選び方-ゴルフな気分
パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

そもそもパッティングラインや距離感が間違っている

これはパッティングの練習やラウンド数が増えるにつれ経験値が高くなれば自ずと解決出来る問題だと思います。

このような感じではないでしょうか。たまにまぐれでカップインすることはあるかもしれませんが、それはあくまで間違った読みと間違った上記のいずれかが奇跡的に相殺したにすぎません。

ゴルフボールにマジックで線を引く

私はパッティングの練習をする場所に恵まれていて比較的練習できているほうだと思います。しかし、練習すればするほどうまく打てなかった時期もあります。いろいろ試しましたが、その中の1つにマジックでボールに線を引くこともあります。

個人的にはこのゴルフボールに線を引くことがどうも胡散臭く感じていました。正確に線を引けませんし、マジックの線の太さによって誤差が生じてしまう・・・など深く考えてしまいます。

またアドレスするととても違和感があり、ボールの線が正確にターゲットを向いているのか不安になります。

そんなこんなでボールに線を引くことにためらいを感じていたわけですが、女子プロの葭葉ルミ選手のレッスンを見ていたら何とも目から鱗「そうだよな!」どうしてそんなことに今まで気づかなかったのだろうと思った次第です。

目の真下にボールが来るようにセットする

葭葉ルミ選手が言ったのは、目の真下にボールが来るようにセットすることが重要ということでした。確かに、私はこれができていなかったから違和感があったわけです。

日頃からパッティングの練習をしていても、ボールを目の真下に置くということをできているものと思って蔑ろにしていたわけです。

https://prf.hn/click/camref:1100l7Nbd/destination:https://shop.golfdigest.co.jp/newshop/f/genre_001006004_mkr_00072

アドレス時の違和感の原因がわかった

いつのまにかボールから離れて立っていました。そうなるとボールに書いた線は放物線を描くように見えますし、逆に近づきすぎるとニコちゃんマークの口のように見えるはずです。そこまで極端に見えるわけはありませんが、それがアドレス時の違和感になっていたのでしょう。

ゴルフボールに線を引くその使い方

しっかりとボールを上から見る位置でアドレスをすれば、ボールに書いた線は歪むことなく真っすぐな線としてみることができるわけで、結果として限りなく正確なアドレスができている1つの目安になります。

みなさんも同じ症状でお悩みでしたら「これで上手くいけば儲けもの」くらいの気持ちで試してみてください。

ではまた

コメント