ゴルフのむずかしいところ1

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ゴルフのむずかしいところ1」です。ゴルフは他のスポーツとかなり違う部分があります。どこが違うのか分かってくると割り切った考え方になりレベルが上がることもあると思います。

そんなゴルフをむずかしくするものについて考えてみたいと思います。

練習場が別にある/ゴルフのむずかしいところ

ゴルフでは練習する場所が確保されているにもかかわらず、ゴルフ練習場を実際のラウンドで使用できません。ただ、四方がネットに囲まれているだけです。他のスポーツは、練習場で試合ができるようになっているのが普通です。

田舎の方になるとショートホールがあるゴルフ練習場がたまにありますが、一般的ではありません。それだけに目の前にあるボールを”曲げないこと””飛距離を伸ばすこと”に練習の内容が偏ってきます。

練習はショットの練習に終始し、アプローチの練習、パッティングの練習といったショートゲームの練習はほとんどしないのが実情です。ゴルフ上級者は、ショートゲームの練習ができるゴルフ練習場を選びますし、ない場合は、自宅に簡単なショートゲームの練習ができるような場所を確保していることもあります。

パッティングマットを使おう

パッティングの練習マットは同じことを何度も繰り返すため、買ってはみたものの長続きしないことが多いです。みなさんのお宅にも眠っているパッティングマットがあれば、もう一度、引っ張り出して、この単調な練習を繰り返して欲しいところです。

・・・というのもショットの練習はゴルフ練習場で行ないます。練習場ではスイングを固めること、新しいスイングを考えてみたり試してみたりすることになると思います。パッティングでも同じことが言えます。パッティングの練習を続けていると自分のクセが分かってくるはずです。

”けん”の場合は、ボールの転がりがスライス回転していることに気づきました。スライス回転しないためにパッティングスタイルを変えたり、スイングを固める練習をするんです。

何よりもショットと同じくパッティングも練習しラウンドに望むことは、自信につながりますし、ゴルフ場のパッティング練習グリーンでほかの人よりも早くグリーンの特性を掴むことができるはずです。

楽しくない自宅でのパッティング練習、これくらいのことならゴルフ場で練習すればいいか!ではなくセットアップを繰り返し練習したり、パターの芯でボールを捉える練習をしたり、カップ内の右狙い・左狙いと練習内容を濃くしていけば、時間も忘れて練習できるはずです。

ラウンド前にパッティンググリーンで久々にパターを触ることが多いアマチュアゴルファーです。毎回違う打ち方になることが当然です。自宅でまたはパッティングの練習ができる場所でしっかりと練習することは道具(パター)に慣れることにもなるんです。

ショートゲームの重要性に早く気付こう

アプローチからでもパッティングからでもいいのですが、どちらかが上手くなるとどちらかが足を引っ張ることに気づきます。上記の場合、パッティングが上手くなると、アプローチが寄らないことが気になるようになるはずです。アプローチの練習に当たり前のように力が入るようになるものです。

逆もあるわけです。アプローチの練習をするようになると、当然、ピンに寄るようになります。そうなると、自分のパッティングの不甲斐なさに練習することになるんです。

しかし、ショートゲームがゴルフに占める割合やショートゲームの重要性が分かっていないとすると、おそらくもっと・・・

ショットの練習をがんばるはずです。

確かにショットの精度を上げれば、ショートゲームの重要性は低くなります。ショートゲームには、調子が悪いときに流れを変える力があると考えたいものです。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説