上りのパット

上りのパットを強く打つ方法 パター

本日は「上りのパット」についてお話します。皆さんは上りのパットどんな気持ちで打ってますか?少々左右傾斜があっても向こう壁に当ててドンと入れたいところですよね!私も同じです。

この事についてジャンボ尾崎選手がとてもいいアドバイスをしているのを以前雑誌で見つけました。私もこれを見てかなり強く打てるようになりましたから皆さんも是非参考にしてください。

ジャンボ尾崎選手は上りのパットのとき私たちみたいにカップの奥に当ててドンではなくて、もっと積極的に打てるように頭の中で考えていらっしゃいます。

たとえば、上りのラインで少しスライスラインだったとします。そのとき皆さんでしたらカップのどの位置を狙いますか?私でしたらカップ内左ですね。これでいいと思ってました。

上りのパットを強く打つ方法

ところがジャンボ選手は上の上を行きます。ジャンボ選手いわく、狙いはど真ん中!そして、左カップではなく右カップと思って打つのだそうです。発想の転換です。分かりますか?

上りのパットを強く打つ方法

実際はスライスラインですからど真ん中に打つと右に外れます。それをわざと右カップと仮定して打ちます。それは何を意味するかというと強く打たないと切れてしまうということです。

すごいです!この考え方!あれだけの体力と技術を持ってらしてメンタル面でもすばらしい考えをお持ちです。

皆さんもゴルフで上りのパットを残したとき少しでも上記のことを思い出してパットしてみて下さい。ど真ん中ではなく左カップでいいでしょう。そして、ジャンボ選手のように右カップを狙っているつもりで打つ!

強いパットが打てると思います。

ではまた

方向性重視/パターの選び方-ゴルフな気分
方向性重視するパターの選び方です。パターは方向性第一です。比較/検討材料としてご覧ください。

コメント