パッティングの自宅練習

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「パッティングの自宅練習」です。前回に引き続きパッティングのお話です。ラウンドのときは、普段練習していないパッティングでイヤというほど返り討ちにあってしまうことがよくあります。

練習もしていないパッティングで本番のラウンドに望む、というのは無謀というほかに言葉が見当たらず、かなり切羽詰った状態でゴルフに来ているのか、かなりの自信家かもしれませんね。

パッティングは練習すればするだけ、奥が深く、練習すればするだけ、練習自体も楽しくなり、いろんなゴルフ場へ行ったとき違うグリーンでパッティングすることが一つの楽しみになってきます。

 パッティングの基準作り

ある程度パッティングの練習をすれば、打ったあとにパッティングストロークのミスを感じることが出来るようになります。実際のグリーンで上手く打てたとしてもカップインしないことはよくありますよね、グリーンの読みが甘かったということになり、とくにへこむことも無く、ある程度納得できたパッティングになるわけです。

パッティングの練習をすることで自分の中の基準がしっかりと確立できれば、ゴルフ場ごとのグリーンの違いを把握できるわけですし、感じたことが無かったグリーンの芝目や傾斜を楽しむことが出来るようになると思います。

パッティングマットの使用

ほとんどの人が持っているパッティング練習マットですが、使っていますか?買ったときだけ使っていたというのがほとんどではないしょうか。”けん”も同じくパッティングマットは持っています。最近は子供たちが上に乗ったりしてボールの通路がつぶれている始末です。壊れています。

パッティングの練習器具でもっとも役に立つのは、今も変わらずパッティング練習マットであると”けん”は思っています。他の練習器具もいろいろ試しましたが、矯正する練習器具ばかりで、本番は持っていけない!なんてことになりあまりおススメできません。

しかし、その2つを組み合わせて練習することで大きな成果が得られるかもしれませんけど。現在、パッティングに悩んでいて練習もしていなくてパッティングマットを持っていない人は、是非、購入することをおススメします。

パッティングマットでの練習は形作り

パッティングマットで練習する場合、10球連続でカップインなど練習することが多いと思いますが、できれば、ゴルフ練習場でスイングの練習をするのと同じように、パッティングの形をいろいろと模索しながら自分にあったパッティングスタイルを作り上げてください。

そうすることが、ゴルフ場のグリーンを楽しめるために第一歩です。

個々感覚で違うグリーンの速さ

自分の感覚を第一に考えてパッティングすべきであり、周りで「今日はグリーンが速い」「遅い」と言ってもそれはその人の感覚です。たとえそのグリーンが普段より速く仕上げてあったとしても、自分の感覚では普通に感じたり、遅く感じることもあります。

みなさんが、数日前に別のコースをラウンドしたとして、そこのグリーンがメチャクチャ速かったとしたら、今日のコースは「速い」とみんなが言っても、とくに速く感じないこともあります。たくさんのラウンド経験をし速い遅いを感じれるように、自分の感覚を身に付けましょう。

練習とラウンドの距離感をリンクさせる

ラウンド時は、まず、練習グリーンに向かい、ボールを適当に置いてカップに向かってボールを打ちます。そのとき目をつぶってイメージだけで寄せてみてください。ジャストタッチと思っていてもカップよりかなりオーバーすれば、みなさんにとって速いグリーンになりますし、逆にショートすれば、遅いグリーンになります。

練習で培ったパッティングの感覚と、ラウンド(練習グリーン)での距離感をここでリンクさせることでその日のラウンドでの不安要素は解決されるはずです。

何事も、楽しいと思うことには没頭できます。そうすると上手くなろうと練習します。まずはパッティングの楽しさをしっかりと身に付けることが大切かもしれませんね。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする