パター!当てると通す

”けん”です。本日のお題は「パター!当てると通す」です。ショートパットや強気で狙ったパットのときにご利用ください。

”けん”はパターでイップス病になったことがあり、ゴルフが楽しくない時期がありました。パターのイップス病、ショートアイアンやアプローチでのシャンク。考えただけで気持ち悪いですし、”ゴルフしたくない病”になってしまいます。ところが今ではパターが一番得意クラブ

小手先だけの処方箋をその場で試し、毎ホール、返り討ちに合ってしまいます。仕舞いには、自分の引き出しがなくなり、その日のゴルフは、大爆発で落ち込みますヽ(‘Д`;)丿今回は、みなさんの引き出しをもう一つ増やす (^m^) ことにしましょう。技術云々ではありません。

攻撃的なのか守備的なのか、保守的なのか革新的なのか、考え方次第で、気持ちが大きく変わるはずです。戦国時代の戦で、ろう城し今まで蓄えた食糧が少しずつ減っていく。最後は、討ち死に覚悟で城門を飛び出し、必死で戦います。

ところが、ゴルフでは、飛び出しては見たものの、敵(同伴者)にとっては痛くもかゆくもなく、どちらかというと「シメシメ状態」。ゴルフでは守りに入ると悪いことの方が多いです。

ショートパットや狙ったパットは、強気で攻めたいですよね。しかし、結果は、ショートしたり、微妙なアンジュレーションで、カップをなめたりします。「もう少し右からだったかなぁ」なんていっても後のまつりです。

大切なパットだけに慎重になるのもわかります。慎重になればなるだけ、ラインが気になるんです。カップの上を通すパッティングになります。ボールとカップが離れていて、寄せるだけのとき、”あわよくば”入ってくれたらなぁ、程度のパッティングであれば、”通すパッティング”で良いと思います。

しかし、入れたいパット、入れなければならないパットのときは、”当てるパッティング”が必要になってきます。カップに刺さったピンをイメージして当てることです。

みなさんも練習グリーンではよくあることです。普段は得意でないショートパットも、練習グリーンのカップに手を入れなくてもボールが取れる小さなピン(名前は知りませんm(_ _)m)相当強気で当てるはずです。

そのときのことを思い出してください。通すではなく、当てる。ラインを出すのではなく、ラインを作る、でしょ。ラインを自ら作るとは、強めのパッティングをすることです。ラインは1つではありませんよね。ボールの転がる速度、打ち出す方向によって無限にあります。

狙ったパットは、当てにいく!今度やってみてください。心の中で「当てるぞ!当てるぞ!」と念じるだけでけっこうです

大切なパットではできるだけ、距離、ライン、パッティングの形などではなく、強い気持ちでねじ込みたいですね。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする