絶対距離感を研ぎ澄ませ!

幼馴染とラウンド!30年以上の付き合いです。

ショートパットを外したとき・・・
「タイム」!?

タイムって何だよ。 (-_-X) 昔からそうだよ

ちなみに「そんなのダメ!」っていいましたが、会話も幼稚だな!

先日お伝えした、入れごろ外しごろはショートパットでした。本日お伝えするレッスンテーマは「絶対距離感を研ぎ澄ませ!」です。
・・・はて!?なんだ?

ロングパットです。みなさんはロングパットに自信がありますか?ショートパットにばかり気をとられて、おろそかになっていたり、「3パットだ!パー取れないやぁ」なんて諦めムードだったりしていませんか?

ロングパット!レッスン

ロングパットに自信がつくとセカンドショットやグリーンを狙うショットが楽になり、結果的にバーディートライ(長い距離など)だったのがバーディーチャンス(短い距離や狙える距離)にかわりますよ。気持ちの持ちようでこんなに違うのか!ッて感じです。

次回、コースに行ったときにぜひ試してください。練習グリーンでもよいのですが、あまり参考にならないようです。置かれている状況があまりにも違いすぎますからね。

ロングパットでは距離を合わせていきますよね。ジャストタッチといいますね。「寄ればいいけど」って距離です。ロングパットからミドルパットになるに連れて、ある距離よりオーバー目にパッティングし始めると思います。無意識です。ここが自分の体の中に身についている最長の距離感だと思います。もちろん、緊張した場面や傾斜のきついグリーンなど迷いがあるので一概に言えませんが。

みなさんは何メートルからオーバーで打っていますか?考えた事ありますか!やってみてください。5メートルだ!6メートルだ!。オレは10メートルだ!って聞こえてきます。

その距離感は無意識に体の中に持っている距離感。

体内時計や絶対音感ならぬ”絶対距離感”みたいなものかもしれませんね。”絶対”といっても距離が必ず合うわけではないのですが・・・

オレって”絶対距離感”短いなぁ~ って悩まないでください。練習さえつめば、伸びますからね。以前の記事にその方法を書いていましたので参考にしてくださいね。ロングパットと超ロングパットを練習するヤツです。要は自信をつけることです。

オレは自信ある!v(ー_ー) チッチッチ 距離感は50メートルだ!70メートルだ!って方・・・

ウェッジを使ってください! (^-^ゝ了解!!

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする