2段グリーンの攻め方

2段グリーンの攻め方/攻略法

ゴルフ場の18ホールのうち2段グリーンがむずかしいホールが1,2箇所必ず存在します。ゴルフ場を作る時コースの距離が短いとやさしくなるので、2段グリーンを作る事でコースの難易度を上げる事もあります。

中にはコースが長いのに2段グリーンもあるよってところもありますが、他のホールの2段グリーンよりやさしいです。皆さんがホームコースにされているゴルフ場の一番むずかしい2段グリーンを克服することで、全体のグリーンを間違いなく攻略できると信じています。

お遊びでゴルフができるのであれば目的の2段グリーンのコースは早めにグリーンに行って何度も練習する事です。私もやってました。ティーショット・セカンドショットはそこそこに、早くグリーンへ行ってパターの練習だけするのです。

時にはボールをバラバラと撒き散らし、バンカーだけ、アプローチだけの練習もします。これで上手くなるかというとならないと思います。でも自信は回復できます。後続の組が来たら迷惑がかからないように次のホールへ行きます。

1.5ラウンドする時とかはとても効果的だと思います。1ラウンド後は練習のラウンドをハーフ入れるといいようです。下から上の段のカップまで届くようにパターするには私は、自分の立っている位置から何メートルくらい高い位置にカップがあるのかを気にします。

SPONSORED LINK

2段グリーンの攻め方/攻略法

まず、2段グリーンの登りきったところを想定し、パターで素振りをします。上りきったところから3メートルのところにカップがあるのであればそれより強くヒットしないと登りきることができないことを頭の中で理解します。

そして、コースのグリーンの状況や個人の感覚で違うと思いますが、

  • 1メートルで10センチ高くする
  • 2メートルで20センチ高くする
  • 3メートルで30センチ高くする

というように自分の立っている位置から2段グリーンの登りきったところの高低差を1.5メートルとすると、登りきったところから、ピンまでの距離を高さに換算し加えて打つのです。

登りきったところから、ピンまでの距離
1メートルの場合、高低差1.5メートルに10センチ加え1.6メートル、2メートルの場合高低差1.5メートルに20センチ加え1.7メートル、3メートルの場合高低差1.5メートルに30センチ加え1.8メートル
のように登り切ったあとの残り距離を高さに換算して打つようにしています。

すると不思議な事に寄るようになりました。もちろん、傾斜の角度や傾斜長・登りきったところからピンまでの傾斜なども考慮しないといけませんし、グリーンの速度・順目逆目もあるでしょう。その辺は自分の感覚で加味してください。

今のところこの方法が一番シックリきます。悩んでらっしゃる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする