得意なことを1つ増やす

”けん”です。本日のゴルフレッスンは、「得意なことを1つ増やす」です。トライバーが得意になればティーショットでOBが減ったり、飛ぶようになりセカンドショットの番手が短くなったりします。

アイアンであれば、どこからでもグリーンに乗せることができるようになったり、ショートアイアンが得意になるとパット数が減ることに繋がるでしょう。

ミドルアイアンが得意になると、ドライバーに掛かるプレッシャーは少なくなるはずですし、ロングアイアンであれば極端に言うとティーショットでわざわざドライバーを持たなくても良くなるかもしれません。

アプローチが得意になれば、ある程度までグリーンまで近づけておけばパーは取れることが多くなりますし、パッティングが得意になればほとんど3パットは無くなることになるでしょう。

何か1つ得意なことを増やすとスコアに大きく影響することがわかるはずです。

得意なことを増やすことで、その前のショット、たとえばアイアンが得意であれば、ティーショット。アプローチが得意になればセカンドショット。というようにその前のショットが、プレッシャーから開放されることがわかります。

上記のことでアプローチが得意と考えた場合。

セカンドショットは、無理しなくてもよし!攻めてもよし!となります。

「無理しなくても・・・」という気持ちで放ったアイアンショットは、リラックスしていて思った以上の結果(ナイスオン)になったりしますし、外れたとしてもアプローチが得意なはずですから、パーで上がれる確率はとても高いわけです。

「攻めても・・・」という気持ちで放ったショットは、上手くいけばバーディーチャンスになりますし、外れても近くに外れていますので直接狙えるかもしれません。パーで上がれる確率はとっても高いです。

ミスしてアプローチが残っても想定内の出来事です。セカンドショットでOBしない限りかなりの確率でいい結果に繋がります

また、得意クラブがあると次のショットは燃えることができます。テンションを上がるというべきでしょうか。結果を残すためのツメの作業です。

アプローチ1つが得意になるだけで、気持ちの面でも、その前のセカンドショット、その後のパッティングに影響します。

まわりから見ると、「アプローチが上手い」と思われるどころか・・・

アイアンショットもパッティングも上手いと言われ、全体的に「ゴルフがじょうず」ということになるんです。

100ヤードのショットでもいいですし、常にスライスするティーショットでもいいです。たった1つ得意なことを増やすことでスコアはみるみる良くなります。

ではまた

シェアする

フォローする