上級者との練習の違い

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「上級者との練習の違い」です。練習場に通うと様々な人がゴルフに取り組んでいます。ところが上手い人とそうでない人は練習にも違いがあることにみなさんは実は気づいているはずです。その域に早く到達し抜き去るために練習しているはずです。

ゴルフ習いたてのゴルフ初心者の方はボールを打つことに必死です。スライスやフックといった悩みよりもボールにまともに当てることやトップ・ダフリにも気を使っていると思います。ボールがよく飛ぶことに楽しみを見出している最中ですので楽しく、ラウンドではどうなるんだろう、と期待と不安が入り混じっているはずです。

ゴルフ初心者を卒業した人は、まだまだ飛距離を伸ばすことに必死だったり、スライスやフックなどの悩みもあります。ラウンドで歯が立たなかったショーとゲームに関しても練習しなければいけないことも分かっていますが、なかなかそこまでは手が回らないことに歯がゆさを感じているはずです。

ゴルフの上手い上級者の練習はどうでしょう。

自分の思っている方向へボールが曲がっているのであれば、それほど悩んでいません。当然曲がり幅には少し気になることがあったとしても傍から見ていても特に悩むほどのことではないはずです。

飛距離だって十分飛んでいるので必要以上に強振したりすることもなく飛距離を出すときは滅多にないわけです。しかし、ゴルフ初心者からすると「これくらい振らないと飛ばないんだ」と思うくらいに振れています。これは効率よくスイングしているのでそのように見えるのかもしれません。

このように初心者やアベレージゴルファーから見ると特に練習する必要もないのに練習しているように見えて仕方ありません。それでもしっかりと練習風景を見ていると練習の内容が違うことに気づくはずです。

上級者の練習はラウンド時に重きを置いた練習になっています。すべてにおいてラウンドで役に立つように物差し作りに励んでいるのです。ドライバーであれば、自分のキャリーがどれくらい出ているのか気になります。それによって池越え・谷越えなどに備えていますし、左右の曲がり具合もどれくらいの幅に収まっているのかイメージしているコースの中でここまでは大丈夫という物差しを作っているのです。

アイアンの練習も同じことで飛ばすことではなく平均的にどのくらい飛んでいるのかが知りたいわけです。例えば初心者やアベレージゴルファーは、8番アイアンで普段150ヤード飛ぶとして160ヤードの最大飛距離を打つことに力を注ぎます。それによって達成感が得られています。

上級者はそれでは納得できません。8番アイアン最大飛距離の160ヤードはある意味ミスショットの部類に入るのです。平均150ヤードですから160ヤード打つことよりも155ヤード打つほうが良いショットなのです。ショットの足並みを揃える練習が主な内容なのです。

全く同じ打ち方をして初心者やアベレージゴルファーが8番アイアンで140~160ヤード打つのであれば、上級者は145~155ヤードの中に納める練習をしていると言って良いでしょう。

残り距離160ヤード。初心者やアベレージゴルファーは8番アイアンを持つはずです。この場合最悪なのは140ヤードしか飛ばなかったときです。一方、上級者は基本的に7番アイアンをもつことになるでしょう。

初心者やアベレージゴルファーはラウンド前にならなければ、このような練習内容にはならないはずです。上級者の練習は常にラウンドを想定した練習になっています。

ボールが曲がってもいいのです。飛距離が定まらなくてもいいのです。今現在の自分を受け入れた練習内容につなげていけばスコアは確実に縮むことになります。

ではまた

シェアする

フォローする