スライサーは時間を稼ごう

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スライサーは時間を稼ごう」です。スライサーの方がこれで直るのであれば幸いです。トップからインパクトにかけて体が開ききっている人に効果があるゴルフレッスンです。

ゴルフをしているとどれくらいでラウンドできるか計算できるものですが、スライスしたりする人はなかなか予想がつきません。どれが自分の実力だって感じですよね。スライス幅は自分でコントロールすることが難しく散々曲がった挙句にOBゾーンへ落ちていくのです。

一方、フッカーの場合、同じように曲がっていたとしてもスライスほど高さが出ませんので曲がりきる前に地面に着地しますので大怪我になりにくいのです。ここはスライスからフッカーに大変身したいものです。

スイングは下半身から動き出したダウンスイングに連動する形で上半身が動きますが、そこには時間差が必要です。でも実際は時間差どころかフライングとも取れる速さで腰が動き出します。

腰より下の部分、足などは動きが鈍いものです。しかし、それに吊連動する腰はあっという間に開くことができます。腰と上半身に”遊び”がなければ素早く連動してしまう上半身です。腰がフィニッシュの形になっていてもまだクラブはダウンスイングを始めたばかりということになりかねません。

そうなると開いた腰の方向へクラブを振ることになりますので当然アウトサイドインになることは明白です。

もう少しだけダウンスイングで時間を稼ぐことができれば、アウトサイドインも直るはずです。このもう少しですが、これがとてもむずかしく言う事を聞いてくれないのです。

腰の動きを制限することはとても難しいわけですが、動く時間を遅らすことはそうむずかしくないと思います。ほんの少しの時間です。クラブが少しだけ地面に近づくだけでいいのです。

そうすれば、どんなに腰が回転してもクラブはある程度先行して動いていますので(本来の位置で)、当然インサイドに下りているクラブはアウトサイドに抜けるだけです。

難しいことではありません。トップからダウンスイングにかけて、クラブを下ろす作業をするわけです。しかし、勘違いしてはいけません。手打ちのようにしてクラブを下ろすわけではなく、しっかりと下半身から動き出しますが、腰が回転しようとするのを腰で我慢することです。

ここまでくればスイングを一気に解放してあげてください。ボールは見事にプッシュアウトかフックボールになるはずです。スライサーにとっては今まで見たことのない球筋です。

ボールは飛んでくれること間違いなし。慣れてきたら腰のぎこちない動きもスムーズになると思います。

実際にこれでスライスが直った人はたくさんいます。スライスで悩んでいる人は試してみるといいでしょう。

ではまた

シェアする

フォローする