スライスの直し方~第14弾~

スライスの直し方,腰の開き

本日のゴルフレッスンは「スライスの直し方~第14弾~」です。ゴルフはスライスとの戦いというゴルファーは今でもたくさんいます。スライスを直すことができずゴルフをやめてしまう人もたくさん見てきました。

SPONSORED LINK

スライスの原因は左ひじの抜け、腰の開き

野球のバットを振るイメージでゴルフをするとスライスすると言われます。インコースを打つ時の左ひじの抜けからスライスすることもあります。また腰の開きが早くスライスしてしまうこともあります。

たしかに野球をしていた人が最初にゴルフクラブを握ったときはブーメランのような巨大スライスを打つところを何度も見てきました。

いくらパワーがあったとしても、スライスしてしまうと普通にゴルフをしている人のドローボールを打つ人には飛距離で負けてしまうものです。

ただし、パワーがある人がドローボールを打つととてもじゃないですが、負けてしまうので残念ですが・・・( ;∀;)

スライス矯正・対策のドライバー選びのポイントです。スライサー向きの矯正対策としてクラブを選ぶ時に参考にしてください。

当たり前すぎて忘れがちなスライスの直し方

さて、今回のスライスの直し方です。まずは以下を試します。

  1. 現在のスイングで何球か打つ
  2. 腰をできるだけ速く回して打ってみる(腰に気を付けて!)

(1)は普通にスライスして(2)で大きくスライスするようであれば・・・ダウンスイングからの切り返しで腰を可能な限り腰をゆっくり回して打つことです。あまりにも当たり前すぎるのですが、これでスライスが直る人がたくさんいると思います。

もしも、これでスライスがひどくなるようなら、クラブフェースがインパクトで元に戻っていないかもしれません。

腰をゆっくり回すことでアウトサイドインのスイングがインサイドアウトインのスイングになるため、プッシュアウトの球が出ることもあるはずです。あとはフェースの向きをインパクトで目標方向に向けることができたらストレート~フックボールがでるはずです。

たくさんのスライスの直し方をこれまで書いてきていますので、今回のレッスンが合わなかったら別の方法で試してください。どれか合うはずだ!

ではまた

シェアする

フォローする