初心者ゴルファーが真っすぐに飛ばす方法

初心者,スライス,クローズスタンス

ゴルフ初心者に限ったことではありませんが、ボールを曲げずに飛ばすことができたらどれだけ楽しい一日になるかわかりません。

特に初心者ゴルファーにとっては目標を狙うショットというよりも、まずは前に進むこと・ボールを失わないこと・同伴者や周りに迷惑をかけないこと・・・そんなことが目標になります。

ゴルフを長くしている方は「そんなことあったな」と思うはずです。ゴルフを始めると誰もが通る道なのです。初心者の方は心配しないでください。

しかし、いつまでもそのようなラウンドをしていても、お金を捨てているようなものですし、第一楽しくありません。同伴者と飛距離を争ったり、会話をしたり、スコアで競ったりすることでゴルフの楽しさは増倍します。「またラウンドしたいな!」と思うんです。

練習してきた成果を確かめることができる場所がゴルフコースです。プレーだけで5~6時間移動や食事・待ち時間などすべて含めると丸一日かかってしまいます。一日を棒に振るようなゴルフはしたくないですよね。

SPONSORED LINK

初心者ゴルファーが真っすぐに飛ばす方法

スライスするゴルファーで話を進めます。本当に簡単です。ただ、本人が気づくかどうか・・・たったそれだけのことです。

1.普通に打つ

スライスするはずです。フックするのであれば(初心者ゴルファーにはあまり見かけませんが・・・)以下は逆に考えて下さい。

2.クローズスタンスにする

フェース面の向きはそのままに、少しずつクローズスタンスにします。このときグリップは握りなおしてください。クローズスタンスを少しずつ大きくしていきましょう。

・・・とたったこれだけです。どこかの時点でボールが真っすぐに飛ぶようになってきます。

ターゲットラインとスイング軌道が一致したとき真っすぐ飛ぶ

スタンスの向きを調整することでスイング軌道を無理やり修正しています。フェース面から目標方向へ伸びるターゲットラインとスイング軌道が一致したときにボールは真っすぐに飛びます。

このスタンスの向きを練習で時間はかかりますが、ターゲットラインに平行なスクエアスタンスにできるように練習することになります。自分が目指すものが見えてくると俄然やる気が出てくるものです。普通にプレーするまでそれほど時間はかからないかもしれません。

あまりにアウトサイドインが酷すぎてクローズスタンスにするとボールがまともに上がらなこともあるかもしれません。そのときは5番アイアンなどドライバーよりもロフトが多いクラブを使って同じことを行なってください。できるようになったら少しずつ番手を上げていけばいいのです。

ではまた

シェアする

フォローする