にほんブログ村 ゴルフブログへ

道具を使わない練習を考える

本日のゴルフレッスンは「道具を使わない練習を考える」です。ゴルフというスポーツに限ったことではありませんが、ボールや道具を使わないで練習することって、学生スポーツではない限りあまりないと思います。

道具を使わない練習を考える

SPONSORED LINK

どうして道具を使って練習するのか

簡単なところで思い浮かべてみると、素振りです。「素振りは大切」と頭のどこかで分かっているのですが、今のスイングが本当に正解なのか自信がない部分もあり、素振りでスイングを固めることにためらいもあります。

また、実際にボールを打たないと落ち着かないこともあるでしょう。ボールを打てば目の前でスイングの回答を目の前で見ることができます。すぐに答え合わせができるんです。とても効率のいい練習といえます。

道具を使わない練習のメリット

では、道具を使わない練習のメリットって何でしょう?長年、体にしみついたスイングです。いざボールを目の前にするといつものスイングになってしまうものです。

クラブもボールも使わないことで、スイングを初めから見直し新たな気持ちでゴルフに取り組むことができることもあります。

最初にゴルフを始めたときは、仕事上どうしてもゴルフをしないといけないこともあり、とりあえず、迷惑をかけない程度にプレーすることができればと考えてゴルフを始めた人も多いはずです。

途中からゴルフの魅力にハマりますが、ゴルフを始めた当初の悪いスイングや考えがゴルフ上達を邪魔していることもあります。道具を使うことなくゴルフの練習をすることで、リセットできることもあるはずです。

そして、パッティングや風の読みなど感覚的な部分に頼る部分は今までのゴルフ歴がきっと役に立ちます。

一度、道具を使うことなくスイングの練習をしてみましょう。新たな気持ちでゴルフに取り組むことができるはずです。

ではまた

シェアする

フォローする