コンパクトなスイングを身に付ける

コンパクトスイング,フルスイング

コンパクトなスイングをすることのメリットは前回お話しました。コンパクトなスイングをすることで大きなケガが減り、結果的に良いゴルフができるようになります。

確かに一発の飛距離はありませんが、平均飛距離は飛躍的に伸びるはずです。

1打目にOBを打つと飛距離は・・・0ヤード。2打目(暫定球)で270ヤード飛んだとすると、2打で270ヤードなら1打で135ヤード!?と考えるのが、したたかな人ですが・・・まだ甘いです。

サンドウェッジとドライバーが同じ飛距離!?

実際のスコアでは3打目です。平均すると1打90ヤード。場合によってはサンドウェッジを3回使用してようやく同じ地点に並ぶことになります。スコア的にはサンドウェッジとドライバーが同じ飛距離のクラブなんです。

コンパクトなスイングを身に付けてOBを打つことなく250ヤード飛ばすことができたら、スコアは格段に良くなるはずです。コンパクトなスイングはティーショットに限ったことではありません。

セカンドショットのライにも影響する

セカンドショットでも同じことです。グリーンに乗る確率が高くなります。もちろんティーショットでコンパクトスイングをすることで以前よりも良いライから打つことができる確率が高くなるはずですので、その差は予想した以上になります。

SPONSORED LINK

コンパクトなスイングを身に付ける

コンパクトなスイングの打ち方について私が考えていることについてお話します。これ以外にもたくさんのチェックポイントはあると思いますが、そこは自分なりに考えて省いたあり、加えたりして下さい。

基本的にトップを小さくすることがコンパクトなスイングと思ってください。しかし、それはただ単にスイングを小さくするのであればフルスイング感は無くなってしまいます。これではいけません。コンパクトスイングといってもフルスイングはフルスイング。軽く打つ・クォータースイングではないということです。

  • トップでは脇を軽く締め、グリップの位置は両肩の内側に収めること。
  • テークバック・バックスイングは腰や背筋など大きな部位を使って行なう。
  • トップの位置では左足かかとを上げない。
  • バックスイングでは右股関節でしっかりと体重を受け止め、トップまで右ひざが微動だに動かさないようにする。

まだまだたくさんあるはずですが、これくらいできたらある程度コンパクトなスイングができるようになるのではないでしょうか。

ではまた

シェアする

フォローする