コンパクトなスイングとは

コンパクトなスイング,オーバースイング,クロスシャフト

ゴルフをしていると飛ばしたいためにオーバースイングになったり、同じ理由でトップの位置で右脇が開きシャフトが飛球線に対してクロスするクロスシャフトになったりすることがあります。

オーバースイングになるとトップからインパクトまでの距離が長くなることで正確なインパクトを迎えることがむずかしくなるため、思ったほどボールを飛ばすことが難しくなります。特にタイミングを毎スイング揃えるには豊富な練習量が必要になります。

また、クロスシャフトになるとスイングプレーンからクラブが外れるためトップからインパクトの間のどこかで軌道修正する作業が増えることになります。一瞬のスイングでは”する”ことはできるだけ少ないほうがいいわけでそれに反します。

SPONSORED LINK

コンパクトって何!?

そんなときに使われる言葉に「コンパクト」があります。「もっとコンパクトに」「コンパクトなスイング」「コンパクトに振る」などとして使われます。

コンパクトなスイングとはどんなスイングなのでしょうか?

私たちの感覚で「コンパクト」と聞くと、本来、大きく作られているものをほぼ同じ性能で小さくしたもの的な感じを受けます。

ゴルフにおけるコンパクトは、基本的にバックスイングの大きさを指しているように思います。

コンパクトなスイングのメリット

スイングをコンパクトにすることで、クラブがボールに最短距離でインパクトを迎えることができます。オーバースイングにならないためフェースローテーションはその分小さくなり方向性が向上するのは明らかです。

また、最短距離でインパクトを迎えるために高い確率でスイートスポットに当たることになり、一発の飛距離はないものの平均飛距離は大きく伸びるはずです。

ゴルフではいかにミスを減らすかが問われるスポーツなので、コンパクトなスイングができれば自分のゴルフが大きく変わることになるはずです。

ではまた

シェアする

フォローする