アーリーコックとレイトコック

アーリーコックとレイトコック、みなさんはどちらですか!?ゴルフに行き詰るといろいろなことが気になりますよね。私もいっしょ!思う事あってアーリーコックを試しましたが無理でした。まずはレイトコックとアーリーコックの大まかな説明です。

とくに初心者の方はできたらアーリーコックにしてくださいね。初めたばかりの頃はそんな言葉も知りませんでした。初心者はアーリーコックと「強く言いたい!」

SPONSORED LINK

アーリーコックとレイトコックについて

読んで字のごとくレイトコックはコックを遅らせる事。アーリーコックはバックスイングの早い段階でコックを決める事です。ちなみにノーコックという方もいらっしゃいます。これはとても方向性がよくなりますが、飛ばなくなります。タイガーウッズ選手がノーコックと言われていましたが、最近はそんなことありませんよね。

アーリーコックとレイトコック

レイトコックとは

レイトコックはバックスイング時にトップに近づくにしたがって、コックが深くなります。現在、ゴルフをされている方はほとんどこのレイトコックみたいです。クラブをムチのように使うことで自分なりのタイミングを作ります。しかし、一度タイミングが崩れると醜いオーバースイングになったり、俗に言う肩が入らない状態!?になったりします。

アーリーコックとは

一方、アーリーコックはテークバック初期の段階で、(クラブヘッドが右腰付近までには)コックが決まり、あとは身体を捻転し腕をトップの位置まで上げることによりトップを作ることができるシンプルなコックです。テークバック初期の段階でコックを作るのでオーバースイングになりにくく、オーバースイング対策でも頻繁に取り上げられますよね。

話は変わりますが、よくもっと肩を回して!?とか肩を入れて!?なんて聞きませんか。個人的にはあまり好きな言葉ではありません。

教え魔「肩が回っていないからスライスするんだ!」

とか言うんですよ。肩が回らなくてもスライスは出ます。逆に肩が回らなくてもスライスしないのです。これがホント!だってハーフスイングでボールを捕らえる時、肩はそんなに回ってませんよね。私の経験では肩の回しすぎはアウトサイドインの原因になりかねません。

スライスの話を始めると止まらなくなります。どうしてかそれは

スライサーだったから!

アーリーコックの達人!?

アーニーエルス選手は特にアーリーコックが上手いですネ!テークバックの初期に完全にコックが出来上がっています。また、丸山茂樹選手のティーチングを行なっている内藤雄二コーチもアーリーコックを勧めています。

同じスイングを繰り返す事が出来るのであれば、誰でもそれなりに上手く打てますよね。アーリーコックにすると再現性のあるスイングになりやすくスイングがシンプルになります。現在、ジュニアの選手はみんなアーリーコックが主流です。世界共通です。

というわけで、初めたばかりの人や一からスイング作りをする人はアーリーコックのほうがいいと思います。私もアーリーコックにしたいけど、上手くいきません。なにか間違えているような気がします・・・・

宮里パパの本にはコックには裏コック!?ってのも説明してあります。手首を折るだけでもスイングが根本的に変わりますからね。個人的には宮里パパの本は技術・精神論というよりも、教育・子育て論という観点で読んで欲しいです。イマドキいないお父さんです。宮里パパの本はこちらでお探しください。

ゴルフレッスン書籍・DVD。プロゴルファーレッスンプロ各解説(私のですが)

ではまた

シェアする

フォローする