スイングを楽しむ

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スイングを楽しむ」です。ボールを飛ばすため!ボールを曲げないため!ダフらないため!・・・とたくさんのゴルフレッスンパーツが満載のスイングになっていませんか?

それが無いと曲がってしょうがない、スコアにつながらないということがあるでしょうか?スイングはできるだけシンプルな方がいいのですが、シンプルなスイングを試すためにラウンドすることはあまりにも大きい出費であり、ラウンドには1日かかりますので時間的余裕もありません。

それでも

やるべきです。鎧(よろい)を身にまとった重いスイングになっているはずです。ゴルフを始めたばかりのころは、こんなにガチガチのスイングではなかったのに、月日が流れるとたくさんのお荷物にとも言えるゴルフレッスンパーツが体についてしまっているのです。

特に「しばらくゴルフ(ラウンド)はないよ」という方は、原点に戻ってシンプルなスイングに戻してみることも良いことです。改めてゴルフと向き合うことで楽しかったラウンドのことも思い出すことができるはずです。

原点に戻ったからといって、その当時のように”下手”かというと、そんなことはないことに気づくはずです。今まで身に付けてきたゴルフレッスンパーツを忘れても体に残るものがあるのです。それが良い悪いは別にして、そのスイングを楽しみたいものです。

どれだけ戻せるかは個人で違うと思います。ただ、間違ってほしくないのは初心者のように振ることではないということです。あくまでも今のスイングから何も考えることなくスイングすること気持ちよく伸び伸びとボールを打つことです。

自然にスイングすることで、小さくなってしまっていたスイングが何かに解放されたかのように大きくなるものです。

硬いといわれていた股関節も案外柔らかいことに気づきます。小さくしてしまったスイングから股関節が動きにブレーキをかけていたのかもしれません。トップで気にしていたオーバースイング気味のスイングもなぜか気にならない。そんなことがあるはずです。

ゴルフレッスンが原因でスイングが悪くなっていることもきっとあると思います。良い部分も悪い部分も一度すべて取り去ることで最悪の部分がなくなります。どれが原因だったのか、分かればベストですが、分からなくてもいいのです。

今は気持ちよく振ることが大切です。伸び伸びスイングを心がけましょう。しばらくは毎回繰り返したいものです。すべてのゴルフレッスンパーツを外してみると自分を見つめなおすこともできます。

これまで理解できなかったことや、遠回りして身に付けたスイングパーツが必要なかったことも気づいてくるものです。無駄にいくつも経由してきたスライス対策もシンプルに目的のものを取り付けることができるようになります。

複雑すぎたスイングを見直すためにも、スイングが単純化できるはず。ときには、バラして組み立て直すこともいいことではないでしょうか。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. マテ茶 より:

    はじめまして。
    本編、強く共感します。
    ラウンド中、スイング前に気にするとしてもせいぜい2~3箇所が限界です。
    今の私の場合は、腰→腕ではなく腰→肩、と回す点とフェース角(私はシャットをキープ)、せいぜい腰の回転ぐらいです。
    後はとにかく力を抜くことと、一番本番で効くのがテンポとリズムですね。
    いち、にっ さーんというやつです。
    迷ったときはややゆったり目のテンポで、リズム良く振れば、ミスショットは出ても大怪我になりにくいと感じています。

    シャンク対策にも有効でした。