背すじを伸ばす方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「背すじを伸ばす方法」です。背すじを伸ばすことでスイングがとてもシンプルなのもになります。アドレス時曲がっている部分が一つでも増えるとそれだけ複雑なスイングになります。

スイングは一瞬です。できるだけ考えることは少ないほうが良いに決まっています。たくさんの開眼を体の中に詰め込むことがゴルフの練習になっているのが実情です。

開眼の中には、「スライスするからこうする」というものもあれば「フックするからこうする」というものもあります。この相反する開眼が体の中に混在しているわけですから、無駄な開眼が多いことに気づきます。

無駄な開眼を全て外すことで初めて自分のスイングが見えてくるものです。しかしながら簡単に外すと言ってもむずかしいですよね。それよりも自分のスイングで大切な部分、幹になる部分がしっかりと分かっていれば、初心者の気持ちで最初からスイングを作り上げることができます。

しかし、それをどうしてしないのかと言うと、目先のことにとらわれているからではありませんか?「週末ゴルフがあるからスイングをいじりたくない」とか「練習場では気持ちよく打ちたい」とか、もっと先のことを考えれば早めに一度立ち止まり、回り道になったとしても行なうべきなのです。

シンプルなスイングこそ、本番に強いゴルフができると思います。複雑なスイングではラウンド時にスイングばかりが気になり肝心のピンに集中できないものです。シンプルなスイングであれば、ピンだけに集中してラウンドすることができます。

シンプルなスイングだけに間違ったことをすると、どこが悪かったということもすぐに感じ取ることができますからゴルフに集中できるんです。

そんななかで、本題の背すじを伸ばすこともその一つです。シンプルなものにするためには背すじを一直線にしておくことが大切です。しかしながら、背すじを伸ばしているつもりでも、猫背になっていたり腰が曲がっていたり自分が思っているようなアドレスになっていないことも多いわけです。

このようなことをゴルフの練習場では繰り返し練習すべきなんですよね。アドレスではしっかりと背すじが伸びていたけどスイング中はどうだっただろう!?なんてことは練習場で行なうべきことです。

背すじを伸ばす方法

背すじを伸ばす方法ですが、あまりのも簡単でお話になりませんが、一応読んでみてください。

背すじを伸ばすためには、「お尻」というパーツが1つのポイントになると思います。背すじが伸びていないと感じたならば、体を上半身と下半身の二つに分けたとき「お尻」というパーツを上半身に加えてたつもりでアドレスをしてみてください

たったこれだけで背すじが伸びたアドレスになり、シンプルなスイングを行なう準備ができると思います。

ゴルフのスイングは複雑に考えてしまうものです。スライスすればそれを直したい、フックすれば曲がり幅を少なくしたいといろんなことを考えるものです。

大切なことは、スライスを直すことでもフックを直すことでもありません。再現性のあるスイングをすることです。そのためにはできるだけシンプルなスイングでなければなりませんよ。

ではまた

シェアする

フォローする