右肩の下がりの直し方

”けん”です。今回もとっておきのゴルフレッスンです。”けん”が教えてもらったこと、”けん”が考えていることは、みなさんと共有がモットーです。

本日のお題は「右肩の下がりの直し方」です。右肩が下がっている、と言われたことはありませんか?どこか調子が悪いと、”アウトサイドイン”とこの”右肩の下がり”は、いつも指摘される定番かもしれませんね。

以前にお話したことですが、右肩は下がって当然なんです。こちらをご覧ください。

右肩が下がる原因】ということで紹介したことがあります。

下がりすぎはいけませんが、ある程度は許容範囲と思ってください。もしも左右の肩が水平であれば、それこそ、おかしい訳で、逆に、右肩が上がり過ぎということになりますよ。

ここで、右肩が下がりすぎの人が、右肩を注意された場合に一般的に直すのは、直接、右肩を”上げる”ことですよね。これってとても違和感があるはずなんです。

当然です、右肩を上げることは【右肩が下がる原因】で書いていますように、不自然なんです。右肩を上げることで、左股関節の前(もしくは内側)にセットしていたグリップの位置が、体の中心に動いてしまいますしね。

クラブによっては、ボールより後ろにグリップがくる感じがして気持ち悪いですよね。”けん”もこのことに関してはいろいろ考えたことがありました。それでスイングを崩したことも何度もあります。人の忠告を真剣に受け止めすぎるのもいけないことかもしれません。

ゴルフレッスン/右肩の下がりの直し方

右肩が下がりすぎている人は、左肩が異常に上がっていることが考えられます。左肩を下げることをおススメします。右肩の上げてしまうと、左右の肩が上がることになり、首回りの筋肉が硬直しているように見えます。実際、硬直している場合が多いです。

”けん”のように、ゴルフは左のリードだ!と教えられた人たちは、左肩付近に力が入ってる分、右肩付近は、”ゆるゆる だらん”になっていることがよくあるようです。それで左肩が大きく上がっていることが考えられるんです。しかし、指摘されるときは、”右肩”なんですよね。

ですから、左肩を落としてみてください、というより、左サイドを落とすの方が適切かもしれません。するとどうでしょう。傍(はた)から見ても力みのない、自然なアドレスに近づくはずです

習得するというより、アドレスで気をつけるだけで良いので簡単です。同じ悩みをお持ちの方は次回、練習するときに、気をつけてみてください。

ではまた

シェアする

フォローする