ゆるまないグリップのポイント1

第3回女子W杯ですが、残念でした。上田桃子選手、諸見里しのぶ選手はとても辛かっただろうけど、これも経験です。2007年のツアーは活躍してくれるはずです。

”けん”です。前回はグリップの種類について簡単に説明しました。今回は、引き続き、グリップのお話です。

みなさんはグリップがゆるむことありませんか?”けん”はグリップのゆるみに悩みました。グリップのゆるみから、オーバースイングになったり、ボールに当たらなかったりということがあったような気がします。

グリップについてもいろいろ考えました。グリップさえしっかりと握ることが出来れば、オーバースイングは緩和されますし、ミート率も上がることもあるわけです。

毎度のことですが、”けん”の感じたことであって、みなさんに当てはまるかどうかは、わかりません。グリップに悩んでいる方、オーバースイングを少しでも治したい方は、一度試してみてください。

”けん”は(右利き)、左手はパームグリップで握り、右手はフィンガーグリップです。

ゴルフを始めたときは、スクエアグリップまたは軽いストロンググリップでないといけませんでした!?「フックグリップは下手な人」ということで教えられたし、レッスン書でもそんなことが当たり前のように書いてありました。

このようなことは現在でもあることです。だから今のレッスン書や雑誌なども、今の当たり前が、のちには非常識になることはたくさんあると思います。

たとえば、ドライバーでいえば、以前、大きなヘッドを使う(大型ヘッド)を使うのは、初心者やミート率の悪い下手なゴルファーと決まっていました(^m^) ウププ…

ところが、現在はどうでしょう。ツアープロも大型ヘッド460CCですよ。しかも、大型ヘッドは上級者向きなんていわれています。これは慣性モーメントの関係でヘッドが返りにくくなり、上級者がいやがる、ヒッカケが出にくい、つかまり過ぎない!なんてことになっているわけですからね。詳しいことはこちらで【ゴルフクラブの選び方

スイングに関しても今のスイングがベストではなく、ベターなんだと思っておくほうがいいかもしれませんね。

話が大きくそれてしまいましたが、グリップがゆるまないようにするためには、左手はパームグリップで握ってみてください。

ではまた

シェアする

フォローする