グリップの握り方!毎回同じですか

”けん”です。本日のお題は「グリップの握り方!毎回同じですか」です。しっかりとボールを捉えるためには、ゴルフクラブが身体の一部になることが大切です。そのゴルフクラブとの唯一の接点となるグリップはとても大切です。

ゴルフの練習をしていても、グリップの練習はしませんよね。しかし、ゴルフクラブを握るグリップの練習をするだけで、ゴルフの上達速度は大きく加速します。争そっている相手の前で、練習することは考えものです。

「何してるの?」ってことになりますからね。

「別に」と答えてください。

(゛ `-´)/ ムキになってなんかないぞ!

自宅でテレビを見ながらでも気軽に練習できます。ドラマの本編からCMに映るまでの時間で良いです。グリップを練習することです。”しっくりといくグリップ”を見つけ出し、自分のものにしてください。抜け駆けしましょう!

グリップの練習を1日10分~15分するだけで、3倍の速さで上達するといいますよ。

それなら、1日1時間すれば・・・ってことではありません、毎日コツコツ練習してください。

”けん”が「今日から上手くなってやる」と思ったとき真っ先に取り組んだことはグリップの再確認でした。慣れてくると意識することなく握ることが出来ます。それでもときどき確認することが大切です。

練習場では気になるときと、確認程度にクラブの番手を変えるときに、グリップの握り方グリップの位置を確認してください。グリップの位置も意外と思っている場所より、身体の中心に来てしまっていることが多くありますよ。

というわけで、本題に入る前に長々と書いてしまいましたので、次回、”けん”のグリップの握り方を取り上げたいと思います。毎回同じように握ることと、クラブが変わっても同じように握れるかが大切です。たいした話ではありませんが、グリップについて考える1つのキッカケになればと思います。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. ゴルフ日記 より:

    ゴルフ グリップ 握り

    ブリヂストンスポーツ、「PARADISO」から女性の肌にやさしいゴルフグローブを発売日経プレスリリース生地のpH※を弱酸性にコントロールし、健康な素肌のp…