グリップの握り方!セットアップ

”けん”です。本日のお題は「グリップの握り方!セットアップ」です。前回の続きになります。グリップの握り方を工夫している方はたくさんいらっしゃるはずです。”けん”もそのうちの一人です。

”けん”が気がけていることは、毎回同じグリップの形を作れるようにすることです。ドライバーからアイアン、ウェッジまで同じグリップの形を作れるようにすることです。もちろん、クラブ番手によってボール位置が変わる方(”けん”も同じ)はシャフトの傾きが変わりますから、グリップの形も多少違いますが、それでも基本的には同じになるようにセットアップするように心がけてください。

”けん”がゴルフをはじめたばかりのころは、ジャンボ尾崎選手の全盛期でしたので、会社の上司から、「グリップはストレートグリップだ!オレはウィーク美味だけどな!」とよく言われていました。言われたとおりやってたのですが、スライスがなかなか消えませんでした。

フックグリップ=悪&初心者

という時代でしたので、ストレートグリップでトコトン練習していましたね。変な癖がいまだに残っているところもあります。

今では、クラブの進化もあり、ストロンググリップが主流です。ストロングというよりどちらかというとフックグリップ気味のトッププロがたくさんいます。こちらの方が理にかなっていると”けん”も思っています。フックグリップについては、以前の記事を読んでください。かなり参考になるはずです。

フックグリップに変えたとたん、ゴルフが変わりました。思い描いているボールが打てないときはグリップを疑ったものです。それから、最初にお話ししましたが、”けん”は毎回同じグリップの形を作ることが大切と考え、どうすれば、良いのか考えました。

それまで、左手を先にセットアップしていたのですが、右手から行なうようにしました。特に理由はないのですが、毎回同じグリップの形を作るためには右手だったんです。

ゴルフレッスン/グリップの握り方!セットアップ

ジャ~ン ケ~ン ポン!」って感じで、右グリップを右肩からアドレスでのグリップ位置へもっていきます。このとき、人差し指と親指でできる谷間(V字)と右肩の中心を向くはずです。これを基本にしています。V字の話はレッスン書などに出てきますが、いつもアバウトな感じがしてイヤでした。V字の向きを正確に行なうためには「ジャンケンポン」だったわけです。とても幼稚ですが、最高に効果があります。

これだけで、スライスが直ったりボールが安定する方がたくさん出てくるはずですよ。

そして右グリップの向きに左グリップを添える形です。添えるといっても左グリップを主グリップにしていますので、添えた後はしっかりと握るようにしています。

クラブを変えても同じようにグリップできますので、グリップに悩んでいる方は試してみてください。基本的にフックグリップ(ストロンググリップの少し強め)になりますよ。細かいことをお話しするともっともっと長くなってしまいますので基本的な部分だけでやめときます。

ウィークグリップにしたいときは(そんな方はほとんどいないと思いますが)左グリップから行なってください・・・

バックスイングは気味が悪く・・・

打ったボールは・・・

つかまらないはずです(^m^) ウププ…これを武器にしても良いと思います。

グリップについて、もう一度再確認する機会になれば幸いです。

ではまた

シェアする

フォローする