ご自分の最下点を知ってますか!

ご自分の最下点を知ってますか! スイング全般/グリップなど

本日のゴルフレッスンは「ご自分の最下点を知ってますか!」です。

クラブの最下点の位置をしっかりと把握しないと何もかもダウンブローだとかドライバーはアッパーブローだとかあやふやになってしまいます。

以前、お話したボールの位置はクラブの最下点と密接な関係があり、それを知ることで、自分自身のボール位置を決めるといいでしょう。

最下点のボールの位置と思い込んでいるところナンバーワンは体の中心、おヘソの真下!ではないですか?たしかにそんな感じがします。

本当のクラブの最下点

クラブの最下点は左手でクラブを持ち左腕を垂直に下ろしたところです。大体左肩の中心~左脇の間、この5センチ程度で、それより、右でも左でもありません。

これはどのクラブでも言える事です。

いままで教えてもらったボール位置は抽象的

ドライバーでのボールの位置は左足かかと線上内側とかボールが何個はいるなど、あまりにも抽象的過ぎて分かりづらく、人それぞれスタンス幅で違ってきますので一概にみんな同じと言えません。なぜ、こんな間違ったことがまかり通っているのか不思議でなりません。

自分に合ったボール位置を探そう

まず、ボールの位置は左脇の下を基準にすることです。そこからご自分にあったボール位置探しがはじまると思ってください。ドライバーのボールの位置は左脇の真下がいいのですが、アイアンはダウンブローに打ちたいので、右寄りになりますよね。

左脇が最下点ですからボールを右に置けば置くほどクラブが地面に食い込むでしょう。ターフが取れるでしょ。それは・・・

最下点に近づこうとするからです。仮にボールを左わきの下に置くとほとんどターフは取れません当たり前です。最下点だからです。

もしもこれでターフが取れるようであれば右サイドが下がっていることが考えられます。たとえば、右ひざが折れている・右腰がくの字になっているこれにより右肩が下がっている、などです。

スタンス幅では変わらない最下点の位置

ボールの位置は左足かかと線上内側と決めてしまうとスタンス幅が広いとボールが極端に左側に行き、肩ラインがオープンに(左向き)なりやすいし、スタンス幅が狭いとボールが右側に行き、肩ラインがクローズになりやすいのです。スクエアに構えたいのであれば、ボール位置を左足かかと線上などで合わせるのではなく、上半身左脇で合わせてみてください。

また、片山晋吾プロは左頬(ほほ)を基準にしているようです。マネしている人も多くいます。

以上のようにボール位置は左脇の下を基準にして理想の位置を探してみてください。毎回同じアドレスを取りやすくなります。

ではまた

コメント

  1. […] […]