オーバースイングのデメリット

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「オーバースイングのデメリット」です。オーバースイングの原因は様々あると思います。”けん”もオーバースイングで悩んだ時期がありました。

格好の悪いオーバースイングを直そうとしてもなかなか直らず諦めてしまうことが普通です。一生オーバースイングと共にゴルフをしなければならないのです。オーバースイングのことを指摘されると自分の中のコンプレックスなので気になってしょうがないのです。

もう一度「オーバースイングを直したい!」と取り組んでみても結局直すこともできず、スイングがバラバラになって前よりもスコアまで悪くなってしまうのがオチです。すべてが悪い方へ向かう典型的なパターンです。

オーバースイングを直した人ってそれほどいないと思います。それくらいオーバースイングを直すことはむずかしいことです。スイングを弄る段階でこんなにも違和感を覚える練習はないからです。

オーバースイングのデメリットを自分に叩き込むことがまずは重要なのかもしれません。心のどこかにオーバースイングでもラウンドはできるからいつの日か直ればいい、なんて悠長なことを考えていると決して直らないのです。

最終的には「オーバースイングの人」なんて呼ばれることもあると思います。悪い芽は気づいたときにできるだけ早めに摘み取ることにしましょう。

オーバースイングのデメリット

見た目が悪い。体にも悪い

理想のゴルフスイングから大きくかけ離れています。飛ばしたい気持ちが見え見えな部分も本人的に許せないところです。また無理したスイングなので体に負担がかかりいつか怪我してしまうこともあります。

インパクトの正確性

ボールからクラブヘッドが必要以上に離れているのでインパクトで正確にアドレス位置に戻すことがむずかしくなります。そのためフェース面がスクエアに戻りにくく、ダフッたりトップしたりとミスを連発することも多くあります。

力の使いどころが間違っている

オーバースイングではインパクトで力尽きているようなスイングになりがちです。無駄に助走距離を伸ばした走り幅跳びのようなスイングです。

アプローチとリンクしない

スイングを小さくするとアプローチになるのですが、オーバースイングをする人にとってはアプローチは別のスイングになりやすいと思います。そのため、普通はショートアイアンの練習をすればある程度アプローチの距離感はついてくるものですが、この場合アプローチ練習は別メニューにならざるを得ないと思います。

このようにオーバースイングのデメリットを挙げれば、まだまだたくさん出てくるのです。

逆にオーバースイングのメリットを考えてみてください。

ないのです

直すしかないでしょう。次回はそんなオーバースイングを直すためのちょっとした方法を解説します。気長に直すしかないと思いますけど。スコアはど返ししてオーバースイングは二度としないという強い気持ちが大切ですよ。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. jyugon より:

    当方ブログ初心者でゴルフレッスンの情報商材を紹介しております。管理人けんさん参考になりました。また遊びに寄らせてもらいます♪