右腕に無駄な動きをさせない

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「右腕に無駄な動きをさせない」です。ゴルフ初心者のころ、左腕中心で「引っ張れ」とか「右手の力を抜け」と散々言われてきたと思います。

右が利き腕なだけに、右サイドがしゃしゃり出てくることになります。プロゴルファーの中には右サイドで振ることを推奨される人も中にはいますが、アマチュアが真に受けてこれを行なうとスライスとダフリでゴルフにならないことも多くあります。

ジュニア時代からゴルフをしていたプロゴルファーにとっては、形の決まった左サイドにパワーを乗せることができるのが右サイドなのでしょう。スイングが固まっている人限定の考えかもしれません。

右中心になると、バックスイングで軽い体重移動をした後に元の位置に戻らないスイングになりやすく、そこからスイングしてもアウトサイドインになりスライス、それを嫌いフェースを閉じてヒッカケが多発します。

また、元の位置に戻っていないスイングからインパクトに向かうのでアドレスで考えている最下点が右側に寄ってしまい大きくダフってしまうことにもつながります。左リードを意識すると体重移動がスムーズになります。

それでもアドレスの位置に戻ることができて右サイドを強く使うことができればこれほど頼りになるものはないわけで最終的には右サイドを使うことを考えるといいでしょう。

スイングは大きな筋肉を使って行なう、と言われます。器用な右手はスイングの邪魔をすることが多いのも事実です。あくまでも補佐役として使いたいものです。

右腕に無駄な動きをさせないためには、まずは左腕を使ったバックスイングを理解することが大切です。何も持たずシャドースイングをして、体で、目でしっかりとスイング軌道を覚えこみます。

力を抜いた右腕も加えて先程覚えたスイング軌道に沿って振るといいでしょう。シャドースイングでも左だけでは辛かったわけですが、力を抜いた右腕の存在がスイングを楽にしてくれるはずです。

このスイング軌道の中で右腕の自然な動きをしっかりと覚えることです。そして、右腕の存在を少しずつ大きくしていくことが良いでしょう。ルートを外れることがないように時には左腕だけのスイングで確認してください。

右を使ったスイングを行なったばかりに今までのスイングから大きく変わってしまった、ということは”けん”も経験済みです。そこからスランプに入っていったことがありました。右腕の取り扱いは注意が必要です。

ではまた

シェアする

フォローする