素振り!右足かかとを上げない

”けん”です。本日のゴルフレッスン「素振り!右足かかとを上げない」です。前回の続きになりますので、読んでいない方はそちらからお読みください。

前回は、右足かかとを上げないと、どうなるのかについてお話しました。メリット、デメリットありますが、ゴルフばかりではなく、仕事でも、遊びでも、すべてのことで言えることです。いいことがあれば悪いことがあります。

仕事が上手くいけば、手柄を取られた同僚からよく思われませんし、ゴルフ(遊び)に行くと楽しいけど、朝食なしで、「いってらっしゃい♪」の声も聞こえない・・・良いところ、悪いところあるわけです・・・・と無理やり結びつけてみました (^^;)v

さて、右足かかとを上げないようにするためには、まずは素振りで感覚を掴むことが大切です。いきなりボールを打つと、右足かかとも気になりますが、ボールも気になり、ボールの行方も気になります。

ボールを打った途端に右足かかとのことを忘れることだってあります。しっかりと右足かかとがインパクトまで付いていたのか、確認しづらいわけです。ダフリやすく、ダフってばかりいると諦めもはやくなります。

やはり、素振りで確認してください。特に説明するほどのことではないのですが・・・絵を描きました。

ゴルフレッスン/右足かかとを上げない1

左上がダウンスイングの途中の絵です。ここで、右足かかとが上がっている人が・・・ほとんどです。ビデオに撮ってみると、恥ずかしいくらいよく分かります。フルスイングでは行なわないでください。100ヤード以内のアプローチ、近い距離でのハーフショットのつもりで素振りをすることが良いですよ。

右上の絵はインパクト前後、ここでも我慢してください。ボールがあるとなかなか我慢できないのですが、素振りだと我慢できますよ

ゴルフレッスン/右足かかとを上げない2左の絵は、一応フィニッシュの位置です。ハーフスイングですのでこの辺でいいでしょう。

しかし、グリップが左腰くらいの気持ちでないと、この位置では止めにくいかもしれません。それくらいの感覚のズレがある人もいるはずです。

右足かかとは、ここでも上げませんよ。

ゴルフレッスン/右足かかとを上げない3

右の絵ですが、上の絵と同じに見えますが・・・

右足かかとを意識して上げます。これを繰り返し練習(素振り)してみてください。たくさん練習する必要はありませんよ。

最初は、右足かかとに集中して素振りをしますが、すぐにできるようになるはずです。

そして、ボールを打つときも、フィニッシュまで右足かかとを上げないように練習してください。

なんとなく、ボールがつかまらない感じがするはずです。

コツとしては、身体の回転を利用して打つといいです。素振りでコツをつかみましょう。

どんな場面で使うかは・・・

みなさんにお任せします。パチンッとやりそうなとき、特に効果的ですよ。

ではまた

コメント

  1. 異次元の感覚

    ゴルフもスイミングもそれぞれの目標に向かって、練習を重ねていますが、この頃、どちらの練習にも、いままでにはない、「気持ちよさ」を感じています。

    コースで…

  2. GEBOFUGU より:

    万人に当てはまると思われる下半身の使い方

    腰をきる意識ではなく両膝を一緒に左に一気に捻るーこれで水平は保たれ腰も切れます。お試し荒れ。誰も膝の使い方について書いてこなかったのは非常に不思議ですが。。。