しっかり振れない時の対策

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「しっかり振れない時の対策」です。左右OBのホールでは以前の悪い記憶がよみがえり体が動かなくなったりします。

また、同じように苦手のホールではたくさん叩いた悔しい思いがあるはずです。気持ちが萎縮してしまい、上手くいっていたそれまでのゴルフが出来なくなってしまいます。

そんなとき自分なりに対策を立てていれば、たとえ成功しなかったとしても苦手ホールに望む気持ちは萎縮することなくラウンドすることが出来ます。

苦手ホールでは、クラブを短く持つことでしっかりと振り切ることできますし、場合によっては距離を落としてでも短いクラブに変えたり、同じクラブでもハーフスイングすることで少しでも方向性をよくすることだってあると思います。

しっかりと捻転することでスイングの体勢を整えることも大切です。苦手なホールでは手や腕だけでスイングしてしまうことが多くあります。

しっかりとスイングする体勢を作り上げることはとても大切です。最初に思い切ったことをすると惰性ででもしっかりとスイングしなければならない状況を作り上げることが出来ます。

それでもスイングするときは「思い切りよく」最後まで振ることで萎縮したスイングを避けることに徹しましょう。

ここで、一つの方法としてバックスイング時にしっかりと右足に体重を乗せましょう。もちろん、右足を越えるほどの体重移動(スエー)は必要ありません。スエーしてしまうと元に戻ることが出来な場合がありますので注意してください。しっかりと右足に体重を乗せ、そこから思い切って体重移動をしてみてください。

大胆に体重移動することでしっかりスイングすることが出来るはずです。クラブと体の間に無駄なゆるみがなくなります。

苦手なホールと戦うためには、自分なりの対策を立てることが大切です。最初に決めておけば苦手なホールにたどり着くまではそれなりのゴルフが出来ます。

しかし、対策を立てていないと苦手ホールまでに貯金が欲しくなり攻めなくてよいホールやサービスホールでスコアを落とすことにつながりやすいです。苦手ホールを意識するあまり気持ちが焦ってしまうものです。

自分なりの対策を考えてみてください。それで失敗したとしても、そう考えるで・・・

救われることがきっとあります。

ではまた

シェアする

フォローする