肩を回すを考える

”けん”です。本日のお題は「肩を回すを考える」です。練習中、何度も確認するスイングのトップの位置ですが、よく「肩が回ってないなぁ」って言いますよね。”けん”は肩を回すことに対してあまり良いイメージが浮かびません。

トップでは、左肩がアゴの下に入るくらいに回せ!と言いますが、そうなると、肩幅から、クラブ(グリップの位置)がはみ出てしまいます。結果、アドレスで作った三角形が大きく崩れることになり、”けん”がいつもお話します”スイングの中の遊び”がなくなってしまいます。

体は正面を向いていて、腕だけでトップを作ってしまうことになりかねません。

トップまでは肩幅内にグリップが収まるように努力し、どうして、肩幅内なのか、感覚として理解したいものです。レッスン書などにも書いてありますが、なかなかピンと来ないんですよね。肩をしっかり回さないと、スイングした気がしないし、打った気がしないんです。

何度も同じような記事があってそのたびにチャレンジはしますが、忘れたり、諦めたりします。ゴルフのレッスン書を極端に言えば、その週書かれたことが、次の週ではまったく逆のことが書かれていたりしますので、その辺はご自分で判断するべきです。

レッスンする人が違えば、教え方も違うわけですし、同じ人だったとしても、そのときの自分自身の課題がちがいますからね。教える人が問題ではなく、自分に合ったレッスンなのかどうかを見極めることがとても大切ですよ

そのためには、たくさんのレッスン書や雑誌を読んで、自分に合ったものだけを探し出すことに精を出しましょう。ちなみに”けん”はたくさんのレッスン書、DVD,ビデオ、書籍・・・読んだり観たりしました。ハンパなく買います。これが妻を怒らせます。”けん”と同じ境遇の方、かんばれ!

話をもどします、今回は肩をもっと回したい方へのアドバイスです。やり方は簡単です。

ゆっくりバックスイングするだけです。

これだけで、肩はしっかり回ります。目の前にあるボールを打とうとすると速く打ちたくなりますよね。その気持ちを抑えて、ゆっくりとバックスイングしましょう。多少、スイングプレーンがブレているように感じますが、肩をしっかり回すためです。

肩を回すことがスイング全般の特効薬みたいに考えてしまいがちです。スライスするときもそうですし、ボールがバラけたり、飛距離が出なかったりするときもそうです。

次回は、この逆の話をしたいと思います。こっちが大切ですm(_ _)m

ではまた

シェアする

フォローする