煽り打ちはヒッカケの原因

ここぞという時にヒッカケでませんか!?私自身ヒッカケが出るときって決まってある状況下にあるときです。みなさんも心当たりがありませんか?

今回はたくさんあるヒッカケの原因の中の1つにスポットを当てて考えてみたいと思います。

SPONSORED LINK

ヒッカケる原因の1つ

アウトサイドインでクラブフェースが被っていると当然ヒッカケですね。逆にフェースが開いているとドスライスです。インサイドアウトを矯正することで直ります。あとはフェースの開閉だけですね。スクエアにインパクトを迎えたいものです。

ヒッカケには、卓球のスマッシュのようにラインドライブがかかる方もいらっしゃいます。これは煽り打ちが原因の場合が多いです。少し右に飛び出し、ものすごい角度で低空フックです。こういう方はアイアンでもダウンブローでは打てていないことが多いようです。

ダウンブローに打てない方はアイアンを打ったときに「コツン」という音がします。ダウンブローに打てている方の音は「バシューン」って音がします。とても抽象的ですが、私にはそんな風に聞こえます。

煽り打ちの方は右足の前にクラブの最下点があるようです。

特にドライバーショットで現れます。練習場でどこが最下点だったか、お友達に観てもらうといいでしょう。自分の感覚との差に愕然としてしまいます。ここでビデオ撮影でやってみようって方いらっしゃいますが、ビデオでは最下点が分かりづらいです。

私の以前の記事で書いたと思いますが、最下点は左肩~左脇の下です。これは時計の針といっしょです。時計の中心を左脇と考えると理解できますよね。

6時に針が向いた時が、最下点ですよね。

煽り打ちの直し方

ではこの煽り打ち、どうすれば直るのか!ダウンスイングで右肩を下げないといっても意外とむずかしいですよね。左肩を上げない意識を持ってみても良いと思います。それと身体の軸がダウンスイングで右に極端に傾いていないかチェックすべきだと思います。

自分では大きくスイング改良したと思っていてもビデオ撮影して見るとあまり変わっていなかったりします。少しずつ練習で直していきましょう。出来るようになると、インパクト以降ボールにクラブが吸い付く感覚が体感できるようになります。

すると飛距離も格段に伸びるわけです。

ではまた

シェアする

フォローする