スクエアアドレス能力

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スクエアアドレス能力」です。アドレスでスクエアに構えることができることが、ゴルフスイングの基本となる部分であり、最終的にゴルフを続ける上で最後まで悩み追い求めるべき大切なポイントだと思います。

OBゾーンへアドレスが向いていても、それに気づかなければ、OBゾーンへ真っ直ぐに飛んでいくはずです。それはスイングのミスではなくアドレスの向きが間違っていたというミスです。それでも一般的には方向にミスは問わないはずです。

「プッシュした!」とか「引っ掛けた!」ということで終わらせてしまいます。そこから得るものは何もありません。次のホールではそれを踏まえてプッシュやプルがでないようにスイングを変えてくるものです。スイングは間違っていなかったわけですから、ここから崩れていくことは誰でも分かることです。

また、アドレスで正確にスクエアに構えることでオープンスタンス、クローズスタンスに構えることができますし、それによりボールをコントロールすることもでき危険を回避することにつながります。

もしもスクエアに構えることができなければ、フックボールを打ちたいときにクローズスタンスにしたとしてもボールはフックするかもしれませんが、狙ったところへボールを運ぶことはむずかしいと思われます。

ラウンド中、あまり気にしないのがアドレスです。どうせ真っ直ぐにアドレスできたとしてもボールを真っ直ぐに打つことができないわけだからとアドレスを蔑ろにするところがありませんか。

練習場では、マットがものさしとなりそこに立つだけで黙っていてもスクエアに構えやすくなっています。でもラウンドではそのような指針となるものがありません。クラブを目標方向へ向けて地面に置くことはペナになりますのでそれもできません。

アドレスは感覚の部分が大きいだけに一度狂うと元に戻すことがむずかしいのです。プロでも調子が悪くなると最初に疑うのがアドレスの向きです。

自信を持ってターゲットに向かうことができるのも、シッカリと正しいスクエアアドレスができているからで、アドレスの向きに不安を感じるとスイングもまともにできなくなります。いらぬことを考えるようになるとゴルフどころではなくなります。

人によってスクエアは何も真っ直ぐに立つことではないのかもしれません。常に軽くオープンスタンスにする人もいればクローズスタンスにする人もいます。これを自分のアドレスのスクエアと考えれば少し複雑かもしれませんが、問題ありません。

もう一度アドレスを確認したいものです。ゴルフが上手な人はアドレスの向きに狂いが少ないと思います。初心者ゴルファーやゴルフに悩んでいる人はまずはここから見直したいものです。

ではまた