アドレス時のスタンス

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「アドレス時のスタンス」です。みなさんはどんなスタンスでしょう?スタンスを取るときに気をつけていることはありますか?

ゴルフレッスン/スタンダードスタンス“けん”は両つま先を少しだけ開く形です。よく時計の針に例えられますよね。11時5分などつま先が針の方向を向くようにセットするんです。10時10分とか11時5分がもっともスタンダードではないでしょうか。

11時5分が理想的なスタンスというわけではありません。

ゴルフレッスン/当初のスタンス“けん”もゴルフを始めたときは、両足が平行な形(イコールの形)だったわけです。両足共に12時の方向です。特に違和感なく問題も無かったのですが、先輩に「何だ!そのスタンス(^m^) ウププ…」と笑われたことをきっかけに変えたわけです。

そして変更したスタンスは右足がターゲットに対して直角(12時)左足のみ軽く開く形を取りました。どんな形であれ、気にはならなかったのですが、当時はその形が主流だったことが理由でそんなスタンスになりました。あるときゴルフレッスン書にそのスタンスのことが書かれていました。

すでにそのときにはスライスを直すことに成功してフックに悩んでいました。悩んでいたというよりも、どちらかというと「フックになっちゃうよな、まったく v(ー_ー)」と曲がったとしてもスライスから開放されたことへの喜びが残っているときでした。

ゴルフレッスン/クローズスタンス多少困っていることといえばフックの度合いが大きかったくらいのことでした。しかし、そこに書かれていたことは、自分にとって衝撃的な内容で、そのスタンスの形で両足つま先の先端が(出入り)揃っていることでクローズスタンスになっているということが書かれていました。

ゴルフレッスン/スクエアスタンス考えてみれば、なるほどその通りです。両足つま先の出入りを揃えるのではなく、両足かかとの出入りを揃えることでスクエアなアドレスになるわけです。だからフックの度合いが大きいんだな!と開眼したわけですが、やってみたら・・・

ダグフックでした ヽ(‘Д`;)丿 まぁ、これくらいのレベルだったわけだ

ちなみに続けて練習していると以前のスタンスの形に逆戻りしてしまいます。そこで両足をイコールにした後に左足つま先だけを開くことで解決しました。

現在では、11時5分ですが、右足をターゲットに対してしっかりと直角に向けると右足内側で力を貯めることが出来ますよ。右腰が後ろに逃げる人は試してみる価値ありです。

ではまた

シェアする

フォローする